トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の7件の記事

2006年5月30日 (火)

「大神」日記 その四

今日は予定より早く仕事が終わったので、「大神」やってました。
明日はサントラ発売日ですね。探しに行ってみますかね。

大神 オリジナル・サウンドトラック Music 大神 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:ゲーム・ミュージック
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2006/05/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オイナ族の村「ウエペレケ」までネタバレしています。ご了承を。

鬼ヶ島4階から攻略。

で…でた!「答選坊」!!ものっすごい苦手ですコイツ…水性のペンでテレビに印をつけては消し、つけては消し…そういえば順番どおりに経絡鬼孔を突かないといけないんでしたっけ…?すっかり忘れてましたよ…。あと筆しらべ画面にした時は上の方にある鬼孔の場所が微妙にズレるんですよね…。
疾飛丸…!さようなら!いい勝負だったよ!

ついにキュウビとの決戦!決戦前の演出が良かったです。城のてっぺんが舞台で、雲が晴れて、筆神様を取り戻す時みたいに星座に星を入れて登場とか、さすが大妖怪。
分裂したキュウビってよく見るといろんな種類がいましたね。太ったのとか、お婆さん(?)みたいなやつとか。

北の地に到着!アイヌ風な感じが好きです!
攻略サイトでオイナ族の人を筆しらべで丸く囲むと獣に変身すると書いてあったので、それで少し遊んでました。声も変化するところが細かいですね。
ウエペレケの入り口で今日は終了。

「大神」もそろそろ終盤戦でしょうかね…?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年5月28日 (日)

「大神」日記 その参

今日は仕事だったのですが、帰ってきて夕食の後から「大神」で遊びました。ほんと日曜日しかゲームできないんで進み具合が遅いです…。

鬼ヶ島 4階までネタバレしていますので、ご了承を。

猫鳴の塔で壁神様と会って「壁足」入手の後から。
水龍の体内で、赤い液体の上を桜花(水蓮)で移動の時は「疾風」で移動するとよい、と攻略之書にかいてあって、(そうか…そういう使い方もあるんだ…!)と感嘆。多分攻略本を読んでいなかったら、ひたすら水蓮を描き続けて移動してたと思います…。応用力のない海星…。

ツヅラオを追って餡刻寺へ。
ツヅラオさんそうだったんですね…ヒミコの神殿への抜け道にあった亡骸を発見したときからそんな気はしてたんですけど…というか攻略之書にて「ツヅラオの正体」とかあったんでなにかあるとは思っていましたけどね…。

待ってました…!和風もので、妖怪といえばこの方(?)は外せないでしょう!「九尾の狐」!まだ決着はついてませんけど、「化け九十九尾」とは戦いました。
九又の剣を持っている姿が印象的ですね。
「ツヅラオ」という名前の由来はこういうことだったんでしょうか?「九十九」が「つづら」と読むとははじめて知りましたよ。勉強になります。

そして「鬼ヶ島」攻略!これぞアクションゲーム!拷問迷路、ハラハラしながらやってました。現在4階まで到達。

撃神様と出会って「迅雷」入手!撃神様は虎の姿。猛々しいですね。弓を背負っていて、しっぽで矢をつがえる姿がカッコよかったです。

セーブ画面下で、デフォルメされた筆神様達がすごく可愛い…!ストラップとかになってほしい…そういえば「大神」はグッズとかでないんですかね…?キャラがみんな可愛いのでグッズにし甲斐があると思うのですが。

そういえば「大神」サウンドトラックが5月31日発売だそうですね。しかも5枚組み!どうしようかな…¥4,830か…なんだかんだ迷いつつ買ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月27日 (土)

Rust Blaster(ラスト ブラスター)

ジャッカルに入っていたスクエニ系漫画のお知らせペーパーに載っていたのを見て+「怪物王女」でちょうど吸血鬼が登場してたんで気になって買ってみました。

Rust Blaster Book Rust Blaster

著者:枢 やな
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「枢」は「とぼそ」と読むそうです。「柩」に見えてしまいましたよ。
全体の印象は今時の若い漫画家さんの作品だなぁ…という感じです。登場するのは美形なキャラクターのみだったので、そんな印象をもちました。
絵は描き慣れていて、きれいです。

「新感覚ヴァンパイア学園ストーリー」というのに惹かれたんですが、あんまり学園ぽさを感じませんでしたね。
全1巻でよくまとめてあると思いました。が、ラストはちょっとわかりにくかった気がしますね。
新人作家さんなので、次回作が楽しみです。

明日は静コミ!…の予定が仕事のために行けなくなりました…毎月後輩と静コミ行くのが習慣になってたんで残念です…。
なので明日は仕事が終わったら「大神」でもやろうと思います。

| | コメント (2)

JACKALS(ジャッカル) 1巻

ブログをはじめて2ヶ月ちょっとになりますが、ついに毎日更新記録が途絶えました…!いやぁ、職場でちょっとイロイロありまして…。

昨日買って、今日昼休みに読んでました。

JACKALS 1 (1) Book JACKALS 1 (1)

著者:村田 真哉
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


原作が村田真哉先生で作画が金 炳進(キム ビョンジン)先生。
金先生は韓国のお方。力強い線を書かれますね。アクションものにとてもあってると思います。
これって村田先生が漫画家としてデビューした作品を原作としてますよね?
ヤングガンガン連載なので主人公ニコルも大人!デビュー作の時はもっと少年ぽい感じでしたよね。ニコルはなんとなく20歳でも納得ですけど、シェリルとか虎牙(フォア)はもっと年齢が上に見えます。
どうでもいいですが、エイブラハムとかアイザックは服がピチピチそうな気がします。もっとサイズのあった服着たほうがいいよ。とか思ってしまいました。

内容は「クライム“ブレイド”アクション」と銘打ってあります。無法地帯と化した街を舞台に、「ジャッカル」と呼ばれる殺し屋である主人公ニコルが日夜戦いを繰り広げます。

普通に腕が吹っ飛んでいたり、人の体が真っ二つになったりしているのでそういうのが苦手な方はご注意を。
私はこのマンガを昼休みの食後に読んでました。繊細な方には食後に読むことはオススメしません(汗)

私は虎牙が好きですね。サラサラヘアーがいいです。(そこかい?!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

「大神」日記 その弐

イラストに「筆つながり その2」を追加。その2というか「改」のほうが正しいかも…。今度は「NARUTO」のサイを「大神」のキャラっぽく描いてみました。

休みの日か仕事が早く終わる日しかできない「大神」…明日から仕事が遅く終わる週なのでまたしばらく遊べないです…。

今日は宝帝の元を逃れたカグヤを追って笹部郷へ行って、ヒミコに会って、その後シャチ丸に乗って猫鳴の塔へ行って壁神を手に入れて終了。

猫の壁神が可愛い~!どの筆神もそうですけど、星座から実体化してアマテラスと戯れるシーンが和みます。
筆神様って十二支+猫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

「大神」日記

アクセス数が異様に増えていて驚き&嬉しいです。トラックバックの威力ってすごいですね。
昨日にひきつづき、家に引きこもって「大神」やってました。
今日はなんとか攻略サイトに頼らずに進めることができました。

では昨日からの感想を。西安京の難破船へ行く前までネタバレしていますので未プレイの方はご注意を。(あんまりたいしたことは書いてませんが)

クサナギ村での八犬士イベント
vs犬がそこらへんの妖怪より強かったような…
舌切りジジババ正体が正体なだけに怖い…!!
笹部郷のスズメ達がかわいすぎる…すごい癒されますココ…。一緒に笹部郷へ行く時のチュンジャク可愛いですね。

十六夜の祠
ここにいる天邪鬼の皆さんがいいキャラしてて好きです。妖怪でも和ませてくれるとは!
白い「邪鬼面紗」に筆で書いた絵がそのまま現れるのには驚きました。私はニコニコ顔  ^-^を描きました。その後描いたものが西安京の壁に落書きされててニヤリとしましたよ。
あれ?ここでオロチ戦ですか?てっきりラスボスかと思ってたんですけど。まあまだ何かありそうですが。
攻略サイトさんを見る限りとりあえず3分の1終了というところでしょうかね?

このあと関所を通って西安京を巡って、ツヅラオと難破船に行く約束をしたところで終わりにしました。あ、その前に武器屋で売っていた七支刀が欲しくて、穴を掘ったらいきなり袋貉と戦闘になった跡地に羅城門がエンドレスででてくるのでそこで荒稼ぎをしました。

戦闘の時に何を表神器にしたらいいのか迷います…。敵のタイプに合わせて変えたりしてますが、とりあえず私は表も裏も鏡にしてます。剣の攻撃力は魅力的ですが、□ボタンで溜め、がほんのり面倒なもので…。

ツヅラオといいサクヤといいお色気好きですね(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

「大神」楽しいけど、難しい…

今日は半日を「大神」のプレイにあてました。
そしてやっぱり私はへっぽこゲーマーであることを痛感しました…。

まず、放置しても構わないであろう「妖怪面相書き」(神州平原の)をしつこくやっていました。夜を待ち妖怪を倒しては倒し、朝になってしまうとまたひたすら夜を待つ…攻略サイトで夜を待たなくてもいい筆しらべがあるのを知って衝撃…。すごいムダな時間を費やしてしまいましたよ。

つづいてアガタの森にておこる釣りイベントにて魚と釣竿が、まぁ書いても書いてもつながらない…!!絶対私のやり方が悪いんでしょうけど、またムダな時間を費やす…。
なんとかツタ巻き遺跡の鍵を入手するも、妖怪と戦ってたり、動物にエサをやっている間に鍵が無くなっていることに気づき、探す。探しまくる。結局コカリが鍵を持っていた。無駄な時間その3。
ツタ巻き遺跡に入るが、キノコを大きくするのに、イッスンがわざわざ「太陽の光を…」と言ってくれているのに(どこに太陽書いたらいいんだ?)とわからず迷いまくる。遺跡=密室空間という私の思い込みのせいです。ムダな時間その4。
ツタ巻き遺跡ボス戦になるも、どこをどう攻撃するのか分からずひたすら逃げる。せっかく手に入れた水蓮使おうよ、自分!
なんとかツタ巻き遺跡はクリア。その後流れる丸太を水蓮でつなぐミニゲームで、釣りイベント同様、書いても書いてもつながらない…!!ムダな時間その5…。

ああ…結局ちょっとしかストーリー進みませんでした…。もう少し筆しらべの判定(?)甘くしてほしかった…。絶対つながったように見えるのに失敗するともうガッカリです…。
て、ハイ私がへっぽこ過ぎるだけですね…!
でも、なんだかんだ言いつつ、筆しらべの水蓮はとても楽しいので好きです。あのビヨ~ンと引っ張られる感じがいいです。
次プレイするのはいつになることやら…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »