« 金色のコルダ 第3話「匿名希望のショパン」 | トップページ | バーテンダー 2+金色のコルダ 5 »

2006年10月23日 (月)

金色のコルダ 第4話「迷い心のワルツ」

屋上でリリとであう。リリは香穂子に「リリ」と名前で呼ばれて感激する。そして山盛りの楽譜をプレゼントしてくれる。

土浦と廊下で出会う。土浦は放課後に音あわせ程度なら手伝ってやる、と言ってくれる。
放課後練習室に行く香穂子と土浦。
曲がきまらない香穂子に土浦は「重要なのは自分の演奏で何を語るか」だとアドバイス。

香穂子、楽器屋さんに傘を返しに来ると、土浦がピアノを弾いていた幼い頃のビデオがでてきて見せてもらう。土浦少年の弾くショパンに感動して思わず涙する。
そして土浦がピアノを辞めてしまったのは、コンクールに出た時に理不尽な思いをしたためだと聞く。
ショパンの曲が気に入った香穂子は、ショパンと言えばピアノだが、ヴァイオリン用に編曲された楽譜をもらいさっそく弾いてみる。と、ここでCM。

CMあけ、香穂子の演奏シーンはなし。コンクールまでおあずけなのね。
でも楽器屋のおじさんは「初見であそこまで弾けるとは…」と関心。

練習にはげむコンクール出場者の面々。そしていよいよ第一セレクションは明日に迫る。
恵との練習を終えたものの、もう少し練習することにした香穂子。
部屋の窓を開けるとそこには土浦が。
土浦に一曲おねだりする香穂子。そして子犬のワルツを弾いてもらう。
そしてポロっと幼い土浦のビデオを見たことを喋ってしまう。
で、そのあと「ピアノ弾きたそう」とかコンクールのこととか話しているうちに険悪な雰囲気になってしまい、土浦は出ていってしまう。

沈み込む香穂子は帰宅途中、公園から流れてくるヴァイオリンの音色に足を止める。
ヴァイオリンを弾いていたのは王崎信武さんでした。メガネでステキ。
王崎さんに「明日はがんばって」と言われる香穂子。

リリのワンポイントクラシックはピアノについて。
次回予告!庄司恵(香穂子の伴奏の子)さんの目つきがコワイよー!!

そしていまさら気づきましたが、メインの登場人物の名前って惑星の漢字(日月火水木金土)が入ってるんですね。
なんかたまたま見始めた「金色のコルダ」ですが、なかなかどーしてかなり面白いよ!続きが気になる~!

にほんブログ村 アニメブログへ

|

« 金色のコルダ 第3話「匿名希望のショパン」 | トップページ | バーテンダー 2+金色のコルダ 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/3932870

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のコルダ 第4話「迷い心のワルツ」:

» 金色のコルダ〜primo passo〜 #4 『迷い心のワルツ』 [ティンカーベルをください]
火原の可愛さに萌えに萌えてきた管理人ですが、火原和樹に加えて 土浦フィーバーが到来…! 土浦の照れた顔がたまらないよバカ…!(萌え!) 今回は土浦がいっぱいでした☆ でも、最後に出てきたコニタンに持っ... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 23時41分

» 金色のコルダ ~Primo Passo~ 第4話 [孤狼Nachtwanderung]
第4話「迷い心のワルツ」 ”自分の演奏で何を語るか”が重要! 11歳の土浦くん、カ~ワイイ~.....ヾ( 〃∇〃)ツ ピアノ上手すぎ! さて、土浦くんはピアノで何を語っているのか。。。 コンクールで理不尽な思いをしたのを切っ掛けに、人前で弾かなくなったらしい。... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 23時46分

» 迷い心のワルツ [tune the rainbow]
「何を弾くかが重要なんじゃない。 重要なのは自分の演奏で何を語るか、いかに語るかだよ・・・」 [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 09時11分

« 金色のコルダ 第3話「匿名希望のショパン」 | トップページ | バーテンダー 2+金色のコルダ 5 »