« 金色のコルダ 第4話「迷い心のワルツ」 | トップページ | バーテンダー 第3話「後悔のグラス」 »

2006年10月31日 (火)

バーテンダー 2+金色のコルダ 5

2つまとめて短縮バージョンで。ん?あんまり短縮してないかも…。

バーテンダー 第2話「心のメニュー」
冒頭の森本レオさんナレーションによると、男性が選ぶカクテル1位は「ジントニック」女性が選ぶカクテル1位は「スプモーニ」だそうですよ。
…だから提供が「オーメン666」なのは怖いですからっ!ちょっとDVD見たくなったじゃないかっ。
今回は美和とお祖父さんの話。
美和のお祖父さんも原作での明るい感じではなくて少し影のある雰囲気ですね。
全体的に静かな雰囲気がするアニメなんで落ち着いて見られます。
美和のお祖父さんの飲むカクテルはぬるめに~のくだりは原作では佐々倉がしたことですが、葛原さんのサービスということになってましたね。
それにしても葛原さんの声どっかで聞いたことあるな…?EDでよく見てみよう。
今回はウィスキーメインのお話でした。
葛原さんの声優さんは家弓家正さんでした。どうりで「ふしぎ発見」で聞いたことあると思いましたよ。家弓さんといえばゾイドのクルーガー大佐(だったかなぁ)も好きでしたよ。
EDに登場するカクテルは「ニコラシカ」でした。
おおーやっぱ週替わりなんすね~。

金色のコルダ 第5話「裸足のヴィブラート」
ついに第1セレクション当日!
皆ドレスアップしていることに驚く香穂子。リリになんとかしてもらうのだが、舞踏会にでもいくようなドレスや胸元の大きく開いたドレスや、スリットが深く入ったチャイナドレスや果てはシスターの格好になってしまった香穂子がおもしろかったです。
そしてちょうどシスターの格好をしている時に火原がドアを開けてしまい、あわててドアを閉め、もう一度ドアを開くといつもの制服姿の香穂子に戻っていたところもおもしろかったです。
ところが香穂子の伴奏者である庄司は姿を見せない…!
靴ズレもしちゃうし…
庄司は最初から香穂子の伴奏者をするつもりなどなかったのだった…。
香穂子がヴァイオリンでショパンを演奏することにザワつく場内。だが王崎さんは好意的。
伴奏者はいないが、演奏を始める香穂子。だが審査員に演奏を止められてしまう。
そこに「伴奏者ならここにいる」と土浦が名乗り出る!つ・ち・う・らー!カッコよすぎだ君は!
土浦の伴奏でショパンの「別れの曲」を演奏する香穂子。場内は大いに盛り上がるのだが、順位は最下位に終わる。
優勝は圧倒的で力強い演奏を披露した月森。

リリのワンポイントクラシックはショパンについて。
次回は合宿するんですって!めっさおもしろそうじゃないかコラァ!

にほんブログ村 アニメブログへ

アニメの「結界師」4話ですが、一応ビデオに撮ったけど見る気がしないです…前回の絵のクオリティーが微妙によろしくなかったせいもあり…切るかもしれないです。

|

« 金色のコルダ 第4話「迷い心のワルツ」 | トップページ | バーテンダー 第3話「後悔のグラス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/4023369

この記事へのトラックバック一覧です: バーテンダー 2+金色のコルダ 5:

» 裸足のヴィブラート [tune the rainbow]
「伴奏ならここにいる!」 [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 09時31分

» 金色のコルダ 5話「裸足のヴィブラート」 [怜奈の自己主張]
――ダメだったよ……\(-ω-;)……月森くん。 怜奈……貴方への純潔は保てませんでした。だって、だって今回…。 土浦クンがカッコ良過ぎなんだもん゚+.(≧▽≦).+゚ なに? なになになに〜〜っ!!? 何ですか、... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 11時30分

» 金色のコルダ 5話 「裸足のヴィブラート」 [欲望の赴くままに…。]
 うっかり者の火原キタ━(゚∀゚)━!  どうせなら香穂子の生着替え覗いてしまって暫く香穂子を見るたびに見てるこっちが恥ずかしくなるくらい照れると良いよ(・∀・)  個人的に香穂子の衣装は二つ目の胸が大きく開いてる... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 19時16分

« 金色のコルダ 第4話「迷い心のワルツ」 | トップページ | バーテンダー 第3話「後悔のグラス」 »