« 金色のコルダ 第2話「前途多難なガヴォット」 | トップページ | 金色のコルダ 第3話「匿名希望のショパン」 »

2006年10月15日 (日)

バーテンダー 第1話「バーテンダー」

待望の「バーテンダー」アニメ放映開始。

ナ、ナレーションが森本レオさんだよ!雰囲気に合ってますねぇ。
2006年はカクテルが生まれて200年のメモリアルイヤーなんだそうな。すごいね。
それにしても提供が「オーメン666」て!怖いじゃん!
ナチュラル ハイfeat.椎名純平さんによるOP歌も映像もカッコいいです!
それにしてもバーのお酒が並んでいる棚は実写?CG?

佐々倉の声…意外と若々しくてさわやかですな!
美和のオーダー順を覚えている佐々倉…ん?これって原作の7話での早瀬部長のオーダー順じゃん!
神嶋部長~!なんなのその一人芝居の舞台みたいな演出は!ちょっと面白いぞ。

カクテルの描写はCG全開ですね。
仕事がうまくいかない神嶋部長はたまたまバー「イーデンホール」の扉の前へ。
「イーデンホール」とは割ってはいけないグラスの伝説から佐々倉が名づけたことになっています。
で、神嶋部長のバーが嫌いになった理由である過去の話が原作3話のズボンに穴が開いていていた青年の話になってます。
神嶋部長の水割りの味の解説細かいなぁ。漫画で読んだ時は別に気にしなかったんですけどね。味の説明って大変ですものね。

どうでもいいけど、美和の鼻の穴が点2つって描き方あんまり好きじゃないです…。
あとアニメの美和は落ち着いてますね。原作はもう少し元気な感じですけど。ギャグというか軽めのシーンはアニメにならないのでしょうかね。

ED直前に今回の話ででてきたグラスホッパーのレシピがでてきました。
EDはバーテンダーさんが実写で登場。というか歌ってる方のPVなのか?
最後に実写バーテンダーさんがだしたカクテルがグラスホッパーでした。
…ということはひょっとして毎回でてくるカクテルが変わるのでしょうかね?
予告は森本レオさんのひとことだけ!んーいい雰囲気ですな。

ストーリーは原作漫画のリミックスといった感じですね。今回は1話がベースになってましたけど。これからもいろんなエピソードをうまく絡めていくんでしょうかね。

にほんブログ村 アニメブログへ

|

« 金色のコルダ 第2話「前途多難なガヴォット」 | トップページ | 金色のコルダ 第3話「匿名希望のショパン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/3814694

この記事へのトラックバック一覧です: バーテンダー 第1話「バーテンダー」:

« 金色のコルダ 第2話「前途多難なガヴォット」 | トップページ | 金色のコルダ 第3話「匿名希望のショパン」 »