« バーテンダー 第7話「バーの休日」 | トップページ | 金色のコルダ クラシック・コレクション2 »

2006年12月 5日 (火)

金色のコルダ 第10話「孤高のヴィルトゥォーソ」

第2セレクションが始まりました。
月森の両親も見にきています。
土浦は世界的に有名なピアニストである月森の母親に会えて感激の様子。
月森のお母さんは香穂子にも声をかけてくれます。
ん?なんだか香穂子と柚木の髪型がおそろいにみえるぞ。

演奏者1番目は土浦。土浦の実力に観客一同ビックリしています。
そして香穂子は2番目なのね。
緊張する香穂子でしたが、信じる者の為に弾く。そして無事終了。笑顔で終わることができました。
3番目は火原。
と、火原の演奏が始まる前に月森は舞台そでから出ていきました。月森は控え室で練習。練習を終え、荷物をクローゼットにしまおうとした時、何者かに蹴られて月森はクローゼットの中に閉じ込められてしまいまいた…!
(↑↓すんませんこの辺前後順番違うかも…)
火原の演奏終了~金澤先生は火原に上位3人に入ったら好きなだけ飯をおごるという約束をしていて、火原の見事な演奏にガックリ…?!
そんな火原を阻止すべく冬海に声をかける金澤先生…。冬海は驚いてしまいました。
香穂子は月森の不在に気づきます。
そして結局冬海ちゃんはため息をついて演奏を終えたのでした…。
香穂子は控え室を覗きに行くのですがそこに月森の姿はない。
出番が近づいてきているので、土浦と火原も月森を探しにいく。
5番目の演奏者は志水。金澤先生は時間稼ぎのために清水に「ゆっくり歩け」と言いますが…。
香穂子、土浦と火原と合流。やっぱり月森の姿はない。そこに音楽科の男子生徒3人が月森が外へ行くのを見た、という情報を得る。土浦、火原は外へ探しにいく。香穂子は引き続き室内を探す。
香穂子は控え室にヴァイオリンを残したまま月森が外へ行ったということに疑問を感じます。
志水君!金澤先生の言うことちゃんと聞いて超ゆっくり歩いて場内からは笑いがおきています!
そして柚木の番に。
月森は目を覚ましますが、扉は開かない。
柚木の演奏が終わってしまいました…!
月森は「ライバルが減るのに誰が探しにくるというのか、バカバカしい…」と思うのですが、そこに香穂子の声が。
誰もいないはずの部屋から物音がして、香穂子は「まさか…」と音のした方向(クローゼット)を見る。
順番がきても月森が現れないことに、場内はザワつきはじめる。
「月森は外に行った」という情報を話した音楽科の3人は会場の外にでて、「鍵までかけて…」などと話していると土浦とバッタリ。
土浦は音楽科のメガネ君に「何か知ってんじゃねーの」と詰め寄ります。
ちなみにこの音楽科のメガネ君は以前香穂子にカラんできた奴ら。

月森の両親はマナーを守れない者に参加する資格はないはず、と言います。
香穂子はクローゼットの扉を開けようとするのだが、鍵がかけられているので開かない。鍵を取りにいこうとする香穂子に月森は、ライバルが1人減る・戻って弾いても意味ない、と言います。
この月森の言葉に香穂子は、月森の演奏を楽しみにしていたのだから意味ないなんて言わないで、と言います。
すると月森は香穂子にこちらから押すから引っ張ってくれと言います。

月森と香穂子、舞台そでに到着。
しかし生徒はすでに帰り始めている。
香穂子が「どうしてみんな講堂から出ていくんですか?!」と言うと
月森は「日野、もういい」と言います。
日野?いつも日野さんって呼ぶくせに~!香穂子も驚き。
月森は「ご迷惑をおかけしました」と頭をさげます。

しょんぼりした様子の香穂子に金澤先生は「あきらめろ」と言います。
香穂子は「私全然気がまわらなくて…」と気にしています。
「お前のせいじゃない」と言われても「でも…」という香穂子にデコピンする金澤先生。そして「まだコンクールは終わったわけじゃない。まだまだこれからさ。お前さんも疲れたろ。今日はもう帰れ」と言われる。

誰もいなくなった講堂のステージに立つ月森…。
香穂子、月森のお母さんに会って「とてもステキな演奏だった」と言われます。
そして月森母は月森を探しているようなのですが…
すると講堂からヴァイオリンの音が。
月森が1人ヴァイオリンを弾いていました。その音に香穂子は「いつもの月森君の音と違う」と感じます。
月森母も「いつもこうやってのびのび弾けばいいのに…不器用な子ね…」とつぶやきます。
月森の伸びやかな演奏を聞いて、香穂子は月森とは世界が違う…と感じてしまうのでした…。

リリのワンポイントクラシックは今回のサブタイトルの「ヴィルトゥォーソ」について。
「ヴィルトゥォーソ」とはイタリア語で「名人」や「大家」という意味で、超絶技巧を誇る演奏者を指すことが多いそう。
そして「巨匠」という意味で、指揮者に対して使われることが多いイタリア語は「マエストロ」という事でした。

次回はなにやらショッキングなことが起こるそうですよ…!
サブタイからして、ひょっとして柚木の黒い部分が見られるのかしら…??

にほんブログ村 アニメブログへ

明日は第2セレクション編のクラシックCDが発売ですね~v香穂子の「カノン」がとても楽しみですv
香穂子と月森がデュエットしたアヴェ・マリアは収録されてるんですかね~是非収録されていてほしいです!

|

« バーテンダー 第7話「バーの休日」 | トップページ | 金色のコルダ クラシック・コレクション2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/4439418

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のコルダ 第10話「孤高のヴィルトゥォーソ」:

» 金色のコルダ 〜primo passo〜 opus10「孤高のヴィルトゥオーソ」 [WONDER TIME]
いよいよ第2セレクション開始! 今回から土浦君も参加! そしてハプニングは月森君にっ!! ※ゲーム未プレイ・コミック未読です・・ 感想は続きからどうぞ! 金色のコルダ~primo passo~ 1 (完全生産限定版)於地紘仁 ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 22時39分

» 金色のコルダ 第10話 [主婦Yのアニメ話〜 Y no Anime]
第10話 あっという間に第10話です。発表会の2回目が始まる所からですね。 あらすじ 月森パパ&ママ登場です。同じピアノ演奏者として緊張気味の土浦君でした。そして第1演奏者は土浦君。普通科とは思えないくらい素晴らしい演奏をしてたそうです。しかも前回の登場の仕方が派手だったし、突然でばっちり決めたものだったので今回の注目度が高かったそうです。 そして次は香穂子。今回は何事もなくのびのびと弾けました。そして次は火原先輩。先生と上位3位以内に入ったら何でも好きなものおごってやるという約... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 22時53分

» 孤高のヴィルトゥオーソ [tune the rainbow]
「ゆっくり歩く・・・・ゆっくり歩く・・・・・」 [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 23時34分

» 孤高のヴィルトゥオーソ [tune the rainbow]
「ゆっくり歩く・・・・ゆっくり歩く・・・・・」 [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 23時34分

» 金色のコルダ ~Primo Passo~ 第10話 [孤狼Nachtwanderung]
第10話「孤高のヴィルトゥオーソ」 さあ、いよいよ2セレ当日! 一番手は土浦くん。 もしかして連弾?とか思ったけど、やっぱりソロなのね。 連弾じゃ評価しづらいものね(;´▽`A`` それにしても、サッカー少年とは思えないほど優しくて柔らかい音色♪ 二番、香... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 23時41分

« バーテンダー 第7話「バーの休日」 | トップページ | 金色のコルダ クラシック・コレクション2 »