« 金色のコルダ 第12話「後ろめたさのピアニッシモ」 | トップページ | 金色のコルダ 第13話「かけがえなきメロディ」 »

2006年12月24日 (日)

バーテンダー 第10話「クリスマスの奇跡」

世はクリスマスムード一色ですが、アニメのバーテンダーもクリスマスのお話でした。

原作11話の教授の話でした~
教授の過去のお話まで詳しく描かれていました。

そういや最初の豆知識は
「日本人が飲んだ最初のビールは、江戸幕府への献上品であったオランダ産ビールといわれている」
だそうですよ~今回も背景の絵が趣があって美しいです~

今回も前出演した人がたくさんでてきたな~オールキャスト勢ぞろいってな感じ?

あと4本のロウソクの話が誌的でとても良かったです。
あれはオリジナルなのかどこからかの引用なのかな…?

沖田教授の「ブラック・ベルットのようだ」がみんなのズッコケ付きで再現されてたのは楽しくてよかったな。
明るい雰囲気で終わっていい感じでしたね。
沖田教授の話し方はちょっと小難しい感じでしたけど~

あとピアノの「きよしこの夜」がとても良かったです。

EDに登場のカクテルは「ブラック・ベルベット」でした。
そういやおでん屋のおじさんは役名も「おでん屋のおやじ」なんすねぇ。前でてた時は気づかなかったけど…。
EDにでてくるバーテンダーさん、ビールとシャンパン両手持ちで作ってるじゃん!

にほんブログ村 アニメブログへ

|

« 金色のコルダ 第12話「後ろめたさのピアニッシモ」 | トップページ | 金色のコルダ 第13話「かけがえなきメロディ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/4662691

この記事へのトラックバック一覧です: バーテンダー 第10話「クリスマスの奇跡」:

» バーテンダーという職業 [目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記]
今日は、お酒そのものの話題から少し離れて、お酒を提供する人について考えてみた。 酔っ払い管理人が行くのは、「博多どかどか団」と「BAR エンプティ 」。 お酒を呑み始めたきっかけというのが、日本酒の「松の司」だったのですが、その後、和洋入り乱れていろんなお酒を呑むようになったのは「BAR エンプティ 」の存在が欠かせません。 会社の近くにBARがあるなぁ・・・、でも、すっごい入りにくそうな扉だなぁ、いくらくらいとられるかわかんないし・・・。 なんて感覚で、その場所は以前から知っていた... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 07時56分

« 金色のコルダ 第12話「後ろめたさのピアニッシモ」 | トップページ | 金色のコルダ 第13話「かけがえなきメロディ」 »