« 金色のコルダ 第15話「高鳴る胸のアリア」 | トップページ | とらぶるふぉうちゅんCOMPANY はぴCURE »

2007年1月23日 (火)

金色のコルダ 第16話「うそつきなヴァイオリン」

柚木と歩く火原。火原は香穂子に手当てしてもらった腕をさすりながら嬉しそうな火原。一方の柚木は冷たい視線だなぁ。

王崎さんから子供のためのヴァイオリン教室を手伝って欲しいと頼まれて、香穂子、火原、志水そして渋々月森が行くことに。
志水君は4人でカルテットができると聞いて嬉しそう。
王崎さんはヴィオラも弾けるんですねぇ。
香穂子、月森、志水、王崎さんの4人でカルテットということは、火原は…?
火原は雑用あつかいなのでした…。
火原が香穂子のことを「香穂ちゃん」と呼び、土浦が「!?」と反応してますっ。

ヴァイオリン教室を始める前にカルテットで演奏を披露することになったものの、1時間前に聞いたことの無い演奏曲の楽譜を渡され不安な香穂子。
不安は的中し、演奏の出だしから香穂子はテンポがあわない。
しかし月森が「俺にあわせろ」とリードしてくれて、終盤の演奏はテンポがピッタリあうようになり、演奏終了後には子供たちから拍手をうける。
助けてくれた月森に「ほんとにごめん」と謝る香穂子。月森は「いつもにくらべてやけに素直だな」と言う。それを聞いて香穂子は月森がやわらかくなった…?と感じる。

金澤先生…ネコに第3セレクションの演奏順を決めてもらおうとするが、やっぱりダメでした。

子供に混ざって火原もヴァイオリンを持ってみる。
香穂子に教えてもらい、ドキドキの火原。
一方、月森は女の子たちに大人気。
楽しそうな子供たちを見て香穂子は「昔からやっていたかった…」とさびしそうにつぶやく。

ヴァイオリン教室終了後に帰ろうとする一同だったが、ヴァイオリンが足りないことに気づき、香穂子が見に行く。
部屋に残っていたヴァイオリンを持ち弾いてみる香穂子だったが…
普通のヴァイオリンではひどい音しかだせない…。
「わかっていたことじゃない…」と香穂子がつぶやくと背後に月森の姿が…!
「わかっていたこと」とはどういうことか聞く月森。と、そこに火原もやってくるが、香穂子は走り去ってしまう。
(どうやってごまかせば…)思っている自分自身に対して落胆する香穂子。
そこにヴァイオリン教室のお礼を言いに子供たちがやってくる。
子供たちに「うそつきは嫌い?」と聞くと子供たちは素直に「きらい」と答える。
香穂子は泣き出してしまう。泣いている香穂子を切なそうに見つめる火原…。

翌日「なんかモヤモヤする…」と火原。
土浦が屋上にやってくると、座り込んでいる香穂子がいた。
土浦にどうかしたのかと聞かれるのだが答えられない香穂子。
そこに月森がやってきて香穂子はまたしても走り去っていく。
月森は土浦に、香穂子とはコンクール以前から知り合いかと聞く。
土浦は月森に、香穂子と何かあったのか聞くが、月森は答えない。

土浦、サッカー部の部長に大会のことをきくがなんだかそっけない…。

香穂子は少しでも本物に近づこうと夢中でヴァイオリンを弾く。
無茶な弾き方に月森が止める。
そして月森に昨日の音のことやヴァイオリンの経験の浅さや音楽の知識が乏しいことを指摘され、「そのヴァイオリンしか弾けないんじゃないか」と言われてしまう。
しかし月森にとって重要なのは香穂子の音楽に対する姿勢が知りたく、聞くのだが香穂子は答えられない…。

リリのワンポイントクラシックはモーツァルトについて。6歳の時に7歳だったマリー・アントワネットにプロポーズしたという話が残っているそうですよ。

次回は第3セレクションですか~またまた波乱の予感ですねぇ。

|

« 金色のコルダ 第15話「高鳴る胸のアリア」 | トップページ | とらぶるふぉうちゅんCOMPANY はぴCURE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/5047530

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のコルダ 第16話「うそつきなヴァイオリン」:

» 金色のコルダ ~Primo Passo~ 第16話 [孤狼Nachtwanderung]
第16話「うそつきなヴァイオリン」 王崎先輩がお子ちゃまヴァイオリン教室のお手伝いさん募集~♪ 当然、ヴァイオリンの月森と香穂子はお手伝い決定! そしてチェロの志水もカルテットという言葉につられて参加♪ 「カルテット♪・・・カルテット♪・・・僕とスザクとス... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 13時54分

« 金色のコルダ 第15話「高鳴る胸のアリア」 | トップページ | とらぶるふぉうちゅんCOMPANY はぴCURE »