« 金色のコルダ 第14話「乙女心のカプチリオ」 | トップページ | 金色のコルダ 第16話「うそつきなヴァイオリン」 »

2007年1月23日 (火)

金色のコルダ 第15話「高鳴る胸のアリア」

土浦、サッカー部の友人に部に戻ってくるのか聞かれたり、香穂子のことを聞かれて困惑。

購買にやってきた香穂子。…それにしても広いっすねぇ。
香穂子はそこで冬海に遭遇。2人は人ごみをかきわけ買い物。
その後、演奏曲のことで悩む冬海をはげます香穂子。

月森、土浦に、土浦の元カノから誤解をうけたことを迷惑だと話す。

天羽、香穂子と冬海からコンクール参加者の男子について聞かれる…。
そこに香穂子の伴奏を担当した森さんがやってきて、天羽と2人で男子の話でおおいに盛り上がる。…ドアの外では実は柚木以外の4人が聞いているとも知らずに…。
そしてヴァイオリンロマンスの話になり、天羽が香穂子に気になる人を聞きだそうとした時…そこに柚木がやってきて男子が実は話をきいていたのがバレる。

休日、家で練習が出来ないため外で練習場所を探す香穂子。
そこでバスケをする火原に出会う。
火原のお兄さんも一緒にいました。
香穂子はバスケ場のかたわらでヴァイオリンの練習をする。
香穂子は練習中、柚木邸でおこったことなどを思い出してしまい、変な音を響かせ、火原たちをズッコケさせる。
火原のお兄さんは用があるからと、他の友人たちと共に帰る。もしかして火原のために気をきかせたのかな。
香穂子と火原がお茶しいこうとするとそこには土浦と元カノの崎本水枝がいた…!
土浦、崎本と同席する香穂子と火原。
土浦は火原にピアノのことをいわれてバツが悪そう。
崎本に中学の頃の話をされて照れ気味な土浦。
そして崎本の提案で土浦vs火原のバスケ対決に。
土浦、火原が試合をしている時、香穂子は崎本から中2の時に自分から土浦に告白して付き合いだしたが、3ヶ月で別れ、別れ話も崎本のほうからしたことを話す。
崎本は土浦から名前で呼ばれたかったそうな。
つい懐かしくなって土浦をお茶に誘ったという崎本。
香穂子は崎本に本命は誰か聞かれて、変な声をあげてしまう。その声に驚いて転んでしまう火原。
崎本は土浦に「送って」と言って帰る。
帰り道崎本は土浦に「あの頃よりやわらかくなったね。誰のせいかな~?」と言って帰っていく。困惑気味の土浦。

火原のケガの手当てをしてあげる香穂子。
火原は真っ赤になって「香穂ちゃん」と呼ぶ。
自分のことも名前で呼んで言いと火原にいわれるが、恥ずかしそうに遠慮する香穂子。
そして火原はハッキリと香穂子のことが好きだと自覚。

月夜に火原は香穂子のことを思いながらトランペットを吹くのでした…。

リリのワンポイントクラシックは作曲家たちが夫婦愛の表現にも音楽的情熱を発揮したことについてでした。ワーグナーの奥さんはリストの娘なんだそうですよ。

|

« 金色のコルダ 第14話「乙女心のカプチリオ」 | トップページ | 金色のコルダ 第16話「うそつきなヴァイオリン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/5046930

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のコルダ 第15話「高鳴る胸のアリア」:

» 金色のコルダ ~Primo Passo~ 第15話 [孤狼Nachtwanderung]
第15話「高鳴る胸のアリア」 香穂子と月森が25年ぶりのバイオリンロマンス!? 公園で練習しようとやってきた香穂子。 そこにはワイワイとバスケで盛り上がっている火原の姿が! 火原兄出た━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 優しそうだね♪ 爽やかだね♪ 兄弟仲良いね... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 13時53分

« 金色のコルダ 第14話「乙女心のカプチリオ」 | トップページ | 金色のコルダ 第16話「うそつきなヴァイオリン」 »