« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の7件の記事

2008年6月27日 (金)

緑の王 8

緑の王VERDANT LORD 8 (マガジンZコミックス) Book 緑の王VERDANT LORD 8 (マガジンZコミックス)

著者:たかしげ 宙
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


実は6巻くらいから真面目に読んでないので買おうか迷ったんですけど結局買ってしまった。裏表紙のあらすじに「独自の動きを見せる勢力が出現」とか書いてあるからさ…。
ムヒョロジでもでてきた「アレロパシー」の話がでてきたよ。
しかしこの物語はどういうふうに収束させるのか想像がつかん。
原作者のたかしげさんは他にも色々マンガの原作やってらっしゃいますねースゴイな。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

屍姫 8

屍姫 8 (ガンガンコミックス) Book 屍姫 8 (ガンガンコミックス)

著者:赤人 義一
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まずは、アニメ化おめでとう~ガイナックス制作だったり脚本はハガレンの人だったり制作陣が豪華ですな。
アニメになりそうだなぁとは思っていたけど、血がでまくるので難しいのでは?とも思ってました。
いつから放映かまだわからないけど、とりあえず楽しみにしておきます。

表紙のマキナとイツキ…あれ?なんか可愛くなってる?と思ってよく見たら下まつげをきちんと描くようになったみたいですね。
中は未読だけど中盤からは嵩柾とイツキの話がメインのようですな。
カバー下にて白江が女だったという事が判明。全然わかんなかったよ。作者さんは当初白江を男にするか女にするか迷ったそうだよ。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

辻占売 7

辻占売 7 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ) Book 辻占売 7 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)

著者:池田 さとみ
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙は発売時期に合わせたのでしょうか?傘をさした閑さんが素敵です。

「嫁が君」ではちょっと若い閑さんが見られます。あと子供の魂が丸っこくてとてもかわいい。あの子が未信になったのかな~と思うと感慨深いものがありますな。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

鏡の巫女アヤカ 3

 白井幸子 / 永久保貴一/鏡の巫女 アヤカ: 3: ボニータコミックス 白井幸子 / 永久保貴一/鏡の巫女 アヤカ: 3: ボニータコミックス
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

巫女姿のアヤカが美しい3巻。
2巻から間あいてるからちと内容忘れてしまった。
美里ちゃんが楡哉の元に帰れてよかった。
殺生命婦が青火にとり憑いてしまったり、2巻の最後にでてきた玄洞がアヤカと近しい人物であったことに驚き。まだいい人か悪い人かわからないなあ。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

レイスイーパー CROSS 4

レイスイーパーCROSS 4 (CR COMICS) Book レイスイーパーCROSS 4 (CR COMICS)

著者:垣野内 成美
販売元:ジャイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


1・2巻もCROSSとして刊行されたようですね。内容は無印と同じなのかな。
文を守る謎の黒衣の人物が登場…最後には正体わかりますが。
文と清の母親がレイスイーパーのパートナーだとか、文は直系のレイスイーパーとか過去にまつわる話がチラホラ。
プリュミエは文に「マキ君が好き」宣言したけど、本気なのかなあ…プリュは本心がわかりにくいね。ま、そのミステリアスなとこが魅力的でもあるけど。
フランスの双子レイスのティフォが消えてしまいましたが残されたアトルはどうするんだろ。リオンと組むとか…?

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

ムヒョロジ 18+ホス探へようこそ 1+ヘタリア

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所(18) ムヒョとロージーの魔法律相談事務所(18)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

最終巻のムヒョロジ。
これは打ち切りという形で終わったんでしょうか。なんかもっとムヒョの事を掘り下げてほしかったなぁ…。
未読なので細かい感想はまた今度追記します。

ホス探へようこそ(第1巻) ホス探へようこそ(第1巻)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

最近私の中でホスト+探偵というのがブームみたい。
二次元のホストは好きです。
少女漫画なんでホストものとはいえ爽やかで明るい感じです。どちらかといえば探偵もの寄りのお話。その探偵業のほうも凄惨な事件ではなく易しめの事件なんでサラっと読める感じ。
およそホストらしくない小林が好青年で良いです。まあ最初からホスト志望じゃなかったんだけどね。
あと不思議系の時雨さんが素敵。時雨さんのお客さんもミステリアスなんだね。

ヘタリア Axis Powers Book ヘタリア Axis Powers

著者:日丸屋 秀和
販売元:幻冬舎コミックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

よく行くサイトさんにて「ヘタリア」という単語を目にしたことがあったのですが、今日本屋行ったらコレが平積みされてて「…ヘタリアってこれの事だったのか…?」とつい買ってしまった。
国を擬人化漫画。
可愛らしい絵柄でちょいとBLにも見える描写があるんで作者は女性かと思いきや男性なのに驚き。
ほとんどの国が男性なのにハンガリーは女性なのね。可愛いな。
ギャグ中心だけどシリアスっぽいのもあるね。
世界史に詳しくないけど、脚注で歴史の勉強になりますね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

インディゴの夜

最近漫画でない本をたくさん買い込みました。

インディゴの夜 (ミステリ・フロンティア) Book インディゴの夜 (ミステリ・フロンティア)

著者:加藤 実秋
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

感想追記(08/06/24)
インディゴの夜:ホスト達の源氏名がちょっとフザけた感じなのが面白い。晶もサバサバしてて良い。お話の方は犯人この人っぽい…と途中で予想できたけど面白かった。
原色の娘:序盤は生意気な祐梨亜にイラっとしたりもしましたが、終わり方がとても良かった。晶さんの祐梨亜へのエールがよかったね。それにしても空也の祐梨亜に対する最後のアレには私も皆さん同様呆気にとられた…!
センター街NPボーイズ:なぎさママおいしいトコ持ってくな!センター街トライアスロン(笑)の様子がテンポ良くてこのあとどうなるの?って読むのが止まらなかったです。一件落着後皆でいっせいに逃げる時にかけられるなぎさママの怒号が笑えました。
夜を駆る者:タイトルがカッコいい。潜入捜査的なことをするのが面白かったな。大乱闘のシーンが緊迫したとこなんだろうけどなんか笑えました。

インディゴの夜 チョコレートビースト (ミステリ・フロンティア) Book インディゴの夜 チョコレートビースト (ミステリ・フロンティア)

著者:加藤 実秋
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

感想追記(08/06/29)
返報者:いきなり空也登場。どんだけフェロモンふりまいてんだ!とツッコミいれてしまうよ。樹が独特のゆったりした空気感をもつ子で面白かった。
マイノリティ/マジョリティ:塩谷さんメインのお話。センター街NPボーイズの時みたいな追跡シーンがまた面白い。取立て屋の車に乗っちゃうジョン太達が笑えた。
チョコレートビースト:表題作ですね。チョコレートビーストって何のこと?と思いましたが読んで納得。冒頭のなぎさママと晶さんのセリフが笑える。晶さんは「どうせ荒涼殺伐、そのまんまマカロニウエスタンのロケに使えるような私生活ですよ」と開き直ってるトコが素敵です。なぎさママは晶さんに「あれはきっと三十女の皮をかぶった悪魔なのよ」とか思わず吹き出した。
真夜中のダーリン:チョコレートビースト読んだ後、この話はまた今度読もうと思っていたんだけど読むのが止まらなくて一気に読んでしまった。またしてもインディゴの個性的なホストが登場。しかし病気を抱えているということでシリアスな展開になるかと思いきや彼のキャラクターによりそうでもなかった。

アマゾンでジャケ買いしました。
お話もホストが探偵役のミステリーというのが面白そうだったのでね。
「インディゴの夜」の方は注文後に文庫版があると知ったんだけど、文庫の方は表紙が漫画チックだったのでこっち買ってよかったーと思いました。こちらの夜の街の写真の方が好き。
今日昼休みに読もうかなーと思って持っていったら、間違えて2巻を持っていってしまい読めなかった…。
このシリーズの3巻目が今夏でるらしいのだが、それまでには読めるといいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

と、いうわけで全部読めました!ひとつのお話が適度な長さなのでとても読みやすかったです。お話もすごく面白かった!
ストリートの事件とか扱ってますけど、読後感が良かったですね。
絶対映像化したら面白いと思います。
3巻目非常に楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »