« 賽ドリル 2+グレンツェン テューア 1 | トップページ | あさき、ゆめみし 感想記その二 »

2008年7月27日 (日)

あさき、ゆめみし 感想記その一

あさき、ゆめみし 通常版 Software あさき、ゆめみし 通常版

販売元:澪(MIO)
発売日:2008/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

買ったのは限定版ですが、通常版の画像貼っておくよ。
「あさき、ゆめみし」遊び始めましたよ。
まだ2時間ほどしかやってませんけどね。

人物はもちろんのこと、背景もすっごいキレイです。
シナリオの方は、ちょっと難しい言い回しが多いかな?と感じました。
そこはひらがなの方が分かりやすいんじゃないかな~と思うところがチラホラありましたね。

7月30日までやって、愁一郎がでてきましたよー高虎はまだかなぁ~
攻略は無難に薙羽哉からやっていこうかな、と思っております。
主人公との因縁が明かされるのが楽しみですね。

あ、あとDSの「トワイライトシンドローム」も第1の噂終わらせましたよ。
最後に凶、つまりバッドエンドになると回避するためのアドバイスがでるのはいいんですが、そ、そんな理由?!な終わり方もあって驚き…。先生に見つかっただけで終わったこともあったし…。コックリさんの時はタッチペン離さないほうがいいですよ!
システムに関して、セーブが移動画面でしかできないのは不親切だなぁ。
移動中も基本は徒歩移動なのがちと億劫です。ダッシュくらいできてもよかったんじゃないかなーと思いましたね。

にほんブログ村 ゲームブログへ

|

« 賽ドリル 2+グレンツェン テューア 1 | トップページ | あさき、ゆめみし 感想記その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/22590705

この記事へのトラックバック一覧です: あさき、ゆめみし 感想記その一:

« 賽ドリル 2+グレンツェン テューア 1 | トップページ | あさき、ゆめみし 感想記その二 »