« あさき、ゆめみし 感想記その七 | トップページ | あさき、ゆめみし 感想記その九 »

2008年8月19日 (火)

あさき、ゆめみし 感想記その八

今日は高虎ルートから行ける三鬼とのエンディングを見ました。
微笑ましいエンディングでしたが、水鬼はブリーチの乱菊さんのようだった…!
個人的には風鬼ともっと仲良くなるエンディングも見てみたかったな。

で続いて見たのは高虎の「サイカイ」でした。
一度行動を間違えてしまい、高虎のいる所ではなく祇王のいる所へ行ってしまったんですが、すでに高虎の好感度が満タンになっていたので影響はなく、エンディングを迎えられたよ。鬱い内容だったけどさ。
セーブしないで進めていたので、また最初から?!と焦った。

続きまして東雲ルートを始めました。
エンディングの「ひかりさすばしょ」を見ました。
いやぁ~中々濃い内容でした。ボリュームあるシナリオだったなぁ。
東雲は普段はおちゃらけてるのに時折見せる真剣な表情だったり、冷たい態度をとったりするところが良かった。彼の正体を知れば納得の行動なだけに切なかったけど。
あと東雲ルートでのアヤは可愛いと思いました。
東雲ルートは恋愛云々より彼の物語の方に引き込まれたのか、甘々なイベントCG無くても不満に思わなかったな。それなりに甘々CGあったけど。

今日はひとまず終了~
東雲ルートでお腹いっぱいになりましたのでね。
それにしても東雲のエンディングに「あさき、ゆめみし」ってタイトルのやつがあるそうなんですが、ひょっとしてこのゲームの真の主役は東雲?なんて思ったのでこのエンディングを見るのが楽しみです。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

|

« あさき、ゆめみし 感想記その七 | トップページ | あさき、ゆめみし 感想記その九 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/23093526

この記事へのトラックバック一覧です: あさき、ゆめみし 感想記その八:

« あさき、ゆめみし 感想記その七 | トップページ | あさき、ゆめみし 感想記その九 »