« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の12件の記事

2008年11月30日 (日)

カヌチ(白) 公式ビジュアルファンブックー

カヌチ 白き翼の章 公式ビジュアルファンブック (B’s LOG COLLECTION) Book カヌチ 白き翼の章 公式ビジュアルファンブック (B’s LOG COLLECTION)

販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

届きました~(´∀`)
しかし密林さんは発売日当日に届くようにしてほしいのだが難しいのだろうか…。

ラフ画・設定画のトコではだかだったので驚いたじゃないか!
最初の感想がソレか。
ファンブックの内容としてはまぁいつも通りな感じ。
ビズログにも載ったやつですが、酒を片手に夜空を見上げるウキツの表情が良くてとても好き。

感想はまた追記するかもしれないし、しないかもしれない。未定なり。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

昨日バドミントンでハシャギすぎて歩行が非常につらくなる程筋肉痛になってしまいました…orz
せっかくファンブック届いたのにテンションが上がらず…。
トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

ハイガクラ 1+ +C 1+斬バラ! 1

「どろ高」に挟まってたペーパーに載ってて面白そうだったもの3冊購入。

ハイガクラ 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Book ハイガクラ 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者:高山 しのぶ
販売元:一迅社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ハイガクラ」は「あまつき」の高山しのぶさんの作品。実はあまつきは途中で読むのやめてしまった…すみません。
こちらは中華風の世界観に惹かれました。こっちはかなり好きだ。
主人公の一葉が周囲の評価は良くないけど実はすごい人ってのが良い。謎めいた登場人物もでてくるし続刊が楽しみです!

+C sword and cornett 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Book +C sword and cornett 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者:遊行寺 たま
販売元:一迅社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

“宮廷陰謀劇”というのに激しく惹かれて購入。好きなんだよ陰謀とかさ!
ファンタジックで可愛らしい絵柄ですがきちんと「陰謀劇」してるようです。
なんだか異民族との問題もあったりして複雑ですな。
今後ベルカとオルセリートが共に同じ道を歩んでいくのか対立するのか気になる所です。
しかしオルセリートは女の子みたいだね。
それにしても本のタイトル「+C」が何を表しているのかよくワカラナイ…。読めば分かるのかな?
サブタイトルは「剣とコルネット」だけど…??

斬バラ! 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Book 斬バラ! 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者:片桐 いくみ
販売元:一迅社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「斬バラ!」は幕末ものということで興味を持ちまして購入~
こちらも可愛い絵ですね。
新選組の沖田とかでてきたけど、まぁ割と普通な感じかな?
顔出しはしてないけど土方と思われる人物が…!カッコ良さそうな雰囲気なので早く登場してほしいなー
壱陽にはなにか出生のヒミツがありそうなのでそこが気になるところ。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

今日この3冊買った本屋でさ…「ユリエルとグレン」2巻が2冊売ってたヨ…orz
地元の本屋では並ばないだろうと思ってたのにさ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

ユリエルとグレン2巻届いたよ

ユリエルとグレン (2) ウォーベック家の人々 Book ユリエルとグレン (2) ウォーベック家の人々

著者:石川 宏千花
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この前、携帯からアマゾンを覗いていたらこの表紙がアップされたのを見て、会社にいることも忘れて叫びそうでしたよ。
ユリエルを庇うグレンと銃を構えるユリエルにキュンキュンきますな。
キュンときてしまったそこのアナタ、1巻から読むことをオススメします( ^ω^ )

これからちまちま読んでいこうと思っていますが、ヴァンパイア・ハンターの名門であるウォーベック家の門を叩いたユリエルとグレンがどうなるのかとても楽しみです。
全部読んだら感想追記するかも。
なんつーかこういう集団組織がでてくるのって好きです。

この本は作者さんのあとがきがないのが残念。あとがき読むの好きなのになー

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

蟲師 10(完)+怪物王女 8

蟲師 10 (10) (アフタヌーンKC) Book 蟲師 10 (10) (アフタヌーンKC)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

単行本は調べたとき(完)ってなってなかったんだけど、帯にデカデカと「降幕の刻」とあるのでこれが最終巻なのね。
私はキリの良い巻数で終わるのが好きなのでスッキリです。
穏やかな終わり方が蟲師らしいですね。

怪物王女 8 (8) (シリウスコミックス) Book 怪物王女 8 (8) (シリウスコミックス)

著者:光永 康則
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近ちょっとダレてきたかなーと感じてましたが、新たに王族が登場して少し話が動いてきたのでまだ読み続けるか。
36話と37話の最後の方でいきなり場面が変わるシーンがあるんだけど、分かりにくかったのでああいう急な場面転換はあまり多用しないでほしいな…。

何番目の王子か分からないけど、エミールのよりは上の兄のギリアムが登場。
ギリアムはシルヴィアの弟でもあるけど、兄妹の出生順とか結局何人兄妹なのかイマイチわからないね。少なくとも8人いるけど。
で、最後に影だったけど長兄の姿が。あのドでかいハテナマークはただの演出なのかね?人造人間も犬型のようですな。ということは人造犬か。

下の兄妹たちがまとまっているので、それをどうするか上の兄弟で話し合ってるみたい。
しっかしどういう風に終わらせるのかまったく予想がつかんね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

ユリエルとグレン

ついこの間ようやく読了した本なのですが

ユリエルとグレン 1闇に噛まれた兄弟 Book ユリエルとグレン 1闇に噛まれた兄弟

著者:石川 宏千花
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

めちゃくちゃ続きが気になるところで終わってしまっていたので、早く続きが読みたいな~と思っていたのですがたまたまアマゾンで検索してみたところ2巻の情報が!
講談社のサイトにも2巻の事でてなかったのにー
11月22日って…もうすぐじゃないか!
しかし1冊だけ注文ってのも配送料・手数料がかかってしまうから高くつくんだよな…でも地元の本屋に並ぶ可能性は薄いし…。悩むなぁ。

ユリエルとグレン(茶髪の子がお兄ちゃんなのですよ)の2人も魅力的ですが、テレンスとトリストラムのコンビも好きです。それだけに絵が無いのが惜しい…。
テレンスは遊び人ぽいのにヴァンパイアハンター一族の名門出身ってのがまたツボ。

表紙の素敵さ、ヴァンパイアもの、兄弟愛このどれかに惹かれたら読んでみたらいかがでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

八卦の空 5(完)

 青木朋/ふしぎ道士伝 八卦の空: 5: ボニータコミックスα 青木朋/ふしぎ道士伝 八卦の空: 5: ボニータコミックスα
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

八卦の空もこれにて完結。
麒麟に乗る玄龍の二の腕がたくましい。

管ちゃんは幼い頃、自分の死ぬ様を予知夢としてみていたのですが、ついに死兆星が現れ管ちゃんは皆に黙って故郷に帰ることに。
しかし玄龍が黙って見過ごすはずがなく、管ちゃんの死を避ける方法を探す。
天命かと思われていた管ちゃんの死ですが、それには東方朔の陰謀が隠されていた。
東方朔の過去も明らかになり、彼との因縁にも決着がつきました。
東方朔が管ちゃんにこだわる訳も分かってスッキリです。

程よい巻数で終わりましたね。個人的にキリのいい巻数で終わってくれるとスッキリするのでそこも良かったな。
この作者さんはマンガを描くのが巧いと思うので早く次回作が読みたいですね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

#000000(ウルトラブラック) 2

#000000~ultra black 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Book #000000~ultra black 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者:如月 芳規
販売元:一迅社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さっそく2巻を買ってきました。
えっ?えっ??キリィの正体って…鼎なの?!なんかよくわからないけど…。
よくわからないといえば、能力のこととか享受者のこととかちと複雑で分かりにくかったかな。というかまだまだ謎だらけだなー
寧も戌彦も複雑な事情があるんだね。
戌彦はめっちゃ近くに妹がいるし…。さらに友人?の鯨井もただ者じゃなさそうだし。

カバー下の「黒き園のアンチテーゼ」が楽しいんですが(笑)

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

王子とやもり 1+KATANA 4+#000000 1

王子とやもり~執事革命~ 1 (Flex Comix フレア) Book 王子とやもり~執事革命~ 1 (Flex Comix フレア)

著者:天乃 タカ
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「本の元の穴の中」の天乃タカさんの新作です。
優しい絵柄に癒されます。
「やもり」とは「家守」と書き、その名の通り衣食住すべてを守る執事以上の存在。
民族の隔たりとか結構複雑。
表紙の王子(右の人)が登場するのは最後の最後。
なんか勝手にトトと王子のほのぼのとした交流でも描かれるのかと思っていたら意外と殺伐としてそう。

KATANA 4 (4) (ぶんか社コミックス) (ぶんか社コミックス) Book KATANA 4 (4) (ぶんか社コミックス) (ぶんか社コミックス)

著者:かまた きみこ
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

またしても発売日未確認のものが…!
刀が具現化して見える研ぎ師の高校生、滉のお話。
三ツ胴に斬られて怖いものしらずになった滉だけど、その効果は持続するのかな…?
最後に載ってる「オロチ刀」は続き物。5巻のサブタイトルも「オロチ刀」になるみたい。

#000000~ultra black (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Book #000000~ultra black (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者:如月 芳規
販売元:一迅社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「どろ高」に挟まってたペーパーに2巻のお知らせが載ってて面白そうだと思って1巻を買ってみました。
しかしややこしいタイトルのような…「ウルトラブラック」だけじゃダメだったのか。
異能力者モノみたいですが、派手な印象はないですね。
でも、嫌いじゃないです。実虎良い子だし。13歳には見えないけど…15歳くらいかと思ってた。
「11年前」がキーワードだそうだけど、その謎も気になるしキャラそれぞれの過去も気になるので続刊買ってみようかな?

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

最近本棚整理して場所に余裕ができたのでついつい衝動買いをしてしまう。
またすぐに本棚いっぱいになっちゃうんだろうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

カヌチ 感想記その16

さてさて他の記事にも書いたりしてましたが「感想記」とするのは久々の、カヌチの感想。

いやー…やっとねシンのイベントCG全部埋まって、おまけイベントも見ることができました!
「今さら?!」と、つっこんでやって下さい…。
一時は諦めかけましたが、めげずにやって良かったですよv
前回見た「ソルが…」のCG見た影響でしょうかね…?
最後に見たのはシンがアキの頬に顔を寄せてる、というかほっぺにチュー?な場面で珍しく糖度高めでしたよ。全CG中一番甘い雰囲気なんじゃないか?と思う。
あんな事されたらもっと意識してもいいと思うなぁ。
しっかし、シンのために何周したんだろう…。

で、イベントもその他以外はフルコンプ~
その他で埋まってないのは決算の時に払えなかった時の話だと思われる。
遊び始めの頃に見ておくんだったなぁ。

というワケで遊びまくったカヌチも一旦終了。
まだまだ熱いけどね!

また後編の発売日が近くなってきたら改めてやりますかね。
あ、そうだ後編発売までに友人がハマってくれるといいなぁ。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

天狗陰陽道+あたしンち 14

天狗陰陽道 (ゼロコミックス) Book 天狗陰陽道 (ゼロコミックス)

著者:笠井 あゆみ,桑畑 絹子
販売元:リブレ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


挟まってるペーパーがBLものなんだが…あ、リブレだからなのね。
このマンガの内容はチラ見した限りではそんな感じじゃないけどな。
巻頭と巻末にもカラーイラストが収録されています。
なんか「陰陽道」というより源平モノって感じですな。

あたしンち 14巻 Book あたしンち 14巻

著者:けらえいこ
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

14巻でてたのね。
会社で読んでいると笑をこらえるのが大変です。
特に最後に載ってた特別編のお母さんの寝相とかさ!

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイスイパー 5+共鳴せよ!私立轟高校図書委員会 5

レイスイーパーCROSS 5 (5) (CR COMICS) Book レイスイーパーCROSS 5 (5) (CR COMICS)

著者:垣野内 成美
販売元:ジャイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんだか親世代の謎も絡んできたし、マキ君にも何か秘密があるし気になる事だらけ。
文のお父さんも何か知っているふうだしなぁ。
ヘリオやリオンの流し目(?)が好きだ。色っぽいよ。

共鳴せよ!私立轟高校図書委員会(3) 共鳴せよ!私立轟高校図書委員会(3)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

発売日を確認してなかったものがここにも…。
どろ高3巻でてたのね。
表紙と同様に中身も大人達が出張っているね。
番外編はモモさんの過去とかクドさん隠し子疑惑とか善場先生の過去のお話。
善場先生の話はブっ飛んでるけど先生らしいっちゃらしいよなー本田さんの目つきがNARUTOのヤマトっぽくてホント目ヂカラあるね…。
生徒達の方は、好きキャラの誕生日を祝う蝶子がステキすぎる。
ところで、どろ高の単行本って各巻紙質が違うのね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

NARUTO 44

NARUTO 巻ノ44 (ジャンプコミックス) Book NARUTO 巻ノ44 (ジャンプコミックス)

著者:岸本 斉史
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

4日発売なんでさすがに売ってないだろうと思ってたんですが、ありましたよ…コンビニに。
まだ真面目に読んでませんけどね。パラっと見ての感想。

暗号解読のとこでイチャタクを読んでと言われたカカシ先生とそ後のシカマルの顔が笑えました。

修行編は読むの好きじゃないんだよね。めんどくて…。
サスケの方はvs八尾に。
八尾はなんか変わったオッサンですな。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »