« ユリエルとグレン | トップページ | ユリエルとグレン2巻届いたよ »

2008年11月21日 (金)

蟲師 10(完)+怪物王女 8

蟲師 10 (10) (アフタヌーンKC) Book 蟲師 10 (10) (アフタヌーンKC)

著者:漆原 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

単行本は調べたとき(完)ってなってなかったんだけど、帯にデカデカと「降幕の刻」とあるのでこれが最終巻なのね。
私はキリの良い巻数で終わるのが好きなのでスッキリです。
穏やかな終わり方が蟲師らしいですね。

怪物王女 8 (8) (シリウスコミックス) Book 怪物王女 8 (8) (シリウスコミックス)

著者:光永 康則
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近ちょっとダレてきたかなーと感じてましたが、新たに王族が登場して少し話が動いてきたのでまだ読み続けるか。
36話と37話の最後の方でいきなり場面が変わるシーンがあるんだけど、分かりにくかったのでああいう急な場面転換はあまり多用しないでほしいな…。

何番目の王子か分からないけど、エミールのよりは上の兄のギリアムが登場。
ギリアムはシルヴィアの弟でもあるけど、兄妹の出生順とか結局何人兄妹なのかイマイチわからないね。少なくとも8人いるけど。
で、最後に影だったけど長兄の姿が。あのドでかいハテナマークはただの演出なのかね?人造人間も犬型のようですな。ということは人造犬か。

下の兄妹たちがまとまっているので、それをどうするか上の兄弟で話し合ってるみたい。
しっかしどういう風に終わらせるのかまったく予想がつかんね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

|

« ユリエルとグレン | トップページ | ユリエルとグレン2巻届いたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/25544276

この記事へのトラックバック一覧です: 蟲師 10(完)+怪物王女 8:

« ユリエルとグレン | トップページ | ユリエルとグレン2巻届いたよ »