« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の15件の記事

2008年12月30日 (火)

キウイケツキ ドラキウイラ

キウイケツキ ドラキウイラ  /くろだ 美里 著 [本] キウイケツキ ドラキウイラ /くろだ 美里 著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

もとむらえりさんの読みきりを読むために買ったプリンセスGOLDに掲載されてて、気になったので買ってみました。

実はキウイの吸血鬼が主人公…とぶっちゃけダジャレですな。
中身の方はこの前読んだ「B.Bジョーカー」に比べると笑いのツボに入るものは少なかったけど、天然のドラキウイラのキャラとか好きです。

驚いたけど、この作品14年越しの単行本化なんだね。
絵の変化がよく分かるのはそのせいなのね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

たまには普通のゲームもね

久々に「クリムゾン・エンパイア」でもやるかーと思ったのですが、また途中で眠くなってしまいましたよ。
毎回眠くなるポイントが同じなんですが、クエストや城の外の探索中で「進む」を連打していると次第に眠くなってしまうという…。

そういえばクリムゾンの前にこちらで遊んでいたのですが↓

ソニック ワールド アドベンチャー Video Games ソニック ワールド アドベンチャー

販売元:セガ
発売日:2008/12/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近は乙女ゲーばっか遊んでましたが、久々の一般ゲーム。
Wiiは来年すごく気になるゲームがでるのでそのために買ったのですが、その前になんか遊べるソフトないかなーということでソニック買ってみたよ。
アクション苦手なんだが大丈夫かなーと不安でしたが、今の所はグダグダしてますけど(特に夜の方…)なんとか進められています。やっぱ楽しい~

それにしても普通のゲームやってる時でも乙女ゲー脳が働いてしまうというか…ソニックの声の金丸さん乙女ゲーに参加してくんないかなぁ…とか考えてしまった。
いい声で好きなんですよねー
そういえばウェアホッグの声がなんか違う…と思ってたら関智一さんだったのね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

できそこないの物語 1

できそこないの物語 1 (1) (シリウスコミックス) Book できそこないの物語 1 (1) (シリウスコミックス)

著者:箱宮 ケイ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日お金をくずすために「何かマンガでも買うか」と思ってこのマンガを購入。
発売当初気になってたんだけどスルーしてたんだよな。

可愛い絵柄に良く合った絵本のようなファンタジーです。
でも、お話は結構シビアな部分(主人公達が賞金目当ての人に捕まったりとか)があったりして意外でした。
ねずみのニッケの話はニッケがぶっ飛ばされるとことかジュジュがニッケを持ち上げたら骨がでてくるとこはシュールな感じがしたし。
ジュジュとリィラ以外の魔法人形の話はペルペの話が好きです。

しかし「将国のアルタイル」より薄いのに値段は高いとはこれ如何に…。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

鋼の錬金術師 21+将国のアルタイル 3

鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス) Book 鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)

著者:荒川 弘
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2008/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

作者さんによると「最終章(のようなもの)が開始」とのことで、いよいよハガレンも最終局面ですかー
本編ではランファンが再登場したトコに興奮したよ。ホントこのマンガにでてくる女性は強い人ばっかだなぁ。
あとグラマン中将が腹黒くて驚いたよ。ただの好々爺じゃなかったのねー

将国のアルタイル 3 (3) (シリウスコミックス) Book 将国のアルタイル 3 (3) (シリウスコミックス)

著者:カトウ コトノ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙はマフムートの黒基調の衣装が素敵ですねー
カバー折り返しにはレレデリクとグララット。しおりはレレデリクです。
一通り軽く読みましたが全編に渡ってポイニキアvsバルトライン。
マフムートはそれに巻き込まれてしまいます。

そして次は商業国家ですか。うまいこと都市巡りしてますな。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

クリムゾン・エンパイア 感想記Vol.5

今回はかなり調子よく支持率上げしたんで、大丈夫かと思ってたのに…

また処刑エンドだった┗(^o^)┛パーン

御前試合も全部優勝したし、支持率も350をちょっと超したところまで上げたんですよ…狙ってたランビュールの好感度も最大に上げました…

でもエンディングにはたどり着けず…
支持率も最大まであげなきゃいけないのかな…メンドくさっ!

ランビュールとの話は良かったんだけどなぁ…エドワルドと違って親しみやすかったし。
高い位置にある本をさりげなく取ってくれるとか、いつも主人公の心配してくれたり、時々独占欲を覗かせることもあったりなんかして良かったよー

いやはやしかし、ホント支持率上げが面倒です。
今回は途中で道具屋の買取価格が上がってくれて、宝石がいい値で売れたのでそれを元に賄賂やら寄付したんですけどね…。

んもー( ゚д゚)、ペッって感じになってきたぜ…。

明日から仕事で帰宅の時間が遅くなるのでしばらくゲームはお休みです。
…あとWii買っちゃったんでそっちに浮気しますm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン!

さらにスイマセン…結局放棄してしまいました\(^o^)/
もう支持率を上げるのは私には無理です…ヘボゲーマーですみません。
キャラは魅力的で良かったんだけどね。システムにイラっとさせられてしまいました…。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

クリムゾン・エンパイア 感想記Vol.4

やはり好感度だけではダメだったか…
エドワルドの好感度を最大まで上げたものの、処刑エンドとなってしまいましたー

なんか唐突に「負けた」って話になったから何がなにやら…

で、賄賂贈りまくって貴族の支持率だけ上げてみようかと思ったけど、それじゃダメでカーティスが来てしまいました。

御前試合にでて勝ってみよう!と思ったけどマーシャルに勝てないんだよ…。
回復薬の準備ができてなかったのでもう一度最初からやりなおすかー(セーブを「試合にでる」って言ったあとにとっちゃったもんだから…)とやりなおす途中で眠くなってしまい撃沈。

いやー4回目にして挫折しそう\(^o^)/
ほんとクソゲーマーで申し訳ない…20日のビズログにヒントが載るといいな…。
そういやついエドワルドに固執してしまいましたが(^-^;他キャラの話も見てみますかね。

と、いうワケでランビュール狙いに変更。

御前試合にも勝てるようになってきましたよ。決勝までアイテムを温存、んで決勝戦直前でセーブして勝てるまでロードしてやり直す…ってのをやって運よく勝てるようになりました。
支持率も100超えたーと、思ったら徐々に下がってきてしまいました…下がらないようにしてくれよ…。
賄賂だの寄付した挙句に支持率下がってくるって…イラっとします…。
資金が底をついてきてしまったのにー( ゚皿゚)キーッ!!

イベントに関しては、不安定になるとランビュールの元を訪れて過去には涙をみせてたシエラのエピソードでのランビュールが優しくて良かったなー
しかし彼は何やら過去にありそうなんだが…気になるー

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

クリムゾン・エンパイア 感想記Vol.3

今日もモリモリとエドワルド攻略です。

ターン数は200を超えたんですがいつ頃終わるんだろう。
好感度はこれ以上上がらないと思われる所まで上がったし、CG鑑賞の達成率も80%になっているのでそろそろ終わりそうな予感しますが。
支持率はいつまで気にしてればいいのか…つか、上がったり下がったりするのやめてほしかった…。一向にハルキアのセリフが変化しないし。大丈夫かな…。

イベントに関しては、エドワルドがヤキモチをやくイベントが良かったですね(^ ^)可愛いとこあるなー、と。
リリーとハルキアとのイベントも見ましたが、リリーとの話の中ででてきたリルのエピソードが切なかったです…。

そういえば、シエラがやむを得ず傷だらけで血のついた格好のまま式典に参加って話があったんですけど、いくらなんでもそれはないだろ…って突っ込んだ。不審すぎるって!

そういえば最初から気になってたことだけど、場面転換や時間の経過を表す時にわざわざ「………」ってでるのが非常にめんどくさい…。一瞬でわかるようにして欲しかったすねー

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

クリムゾン・エンパイア 感想記Vol.2

今日はもう「支持率なんか知るか!」と思ってひたすらにエドワルドを追いかけていたらやっぱりカーティス登場で終了。
ジャスティンなら支持率とか関係ないだろとか思ってひたすらジャスティンを追いかけてみたら
カーティスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!
顔文字の使い方違いますね…。

で、やっぱ支持率か…と思って教会に寄付したり賄賂を贈って少しだけど支持率を上げたところカーティス襲来を防げました。
ターン50前に支持率が上がってないとカーティスが来るのかな…?
条件わかりませんけどターン50前ってのは確実かと。

なんかクエストこなしても全っ然支持率上がらないんだけど…所詮金なのかしら…。
最初の御前試合も何度ロードしてやりなおしてもどうっしてもマーシャルに勝てずに諦めました。どうしたら勝てるのアレ…。

現在エドワルド狙いでターン128に到達しました。徐々に甘いシーンが増えてきて嬉しいのですが、いつカーティスがまた来るかと怯えています…。
今後も支持率上がらないとカーティス来るのかな…?
好感度は半分以上になりました。好感度確認画面でのリリーのセリフも変化したし、この調子でいけば大丈夫…だといいなぁ。

そういやリリーとハルキアの好感度も上がるようになってるのね。
リリーとのイベント見ましたけど、リリーって一途すぎて怖い一面もあるなぁ。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫絵十兵衛 御伽草紙 1

猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス) Book 猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)

著者:永尾 まる
販売元:少年画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この作者さんが以前だした単行本が気になったものの、現在では入手困難に…(再版してくれ…!)で、このたび新たに単行本が発行されるとのことで購入~

「ねこぱんち」に連載されているものなので猫ものですが、猫好きだけでなく、和風怪異モノがお好きな方なら楽しめると思います。
楽しいというより泣ける人情話が多いですが。
1話の「猫参り」から泣かされましたよ。

猫絵師というその名の通り猫の絵を描く職業である十兵衛が主人公なのですが、この十兵衛と一緒にいる猫又で元猫仙人のニタの出会いが気になるなぁ~

そういやこれ買ったら袋に何故か「#000000(ウルトラブラック)」の2巻発売記念ペーパーが入ってました。
こういったおまけペーパーって田舎じゃ手に入らないと思ってたから嬉しかったよ。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

クリムゾン・エンパイア 感想記Vol.1

えーと感想記開始なんですがね…
なんかよくわかんないけど…2回目のプレイにして

カーティスが来てオワタ┗(^o^ )┓三

あっはっは~いーきなり終わってしまいましたよー!

エドエワルドを狙ってたのですが…支持率上がらなかったせいなのか、好感度が上がらなかったせいなのか、あるいは両方か…何が悪かったのかわかりませんっ。
クエストこなそうと思ったんですが、金が必要になるのばっかだったで城の外にでてモンスターと戦ったんですけど…あまり金は稼げず…。
御前試合も決勝までいったけどマーシャルでてきて負けちゃったしorz

これにめげずにやっていきますが…う、うまくいくか心配だなぁ…私へっぽこゲーマーなのでね…。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

「クリムゾン・エンパイア」始めました

クリムゾン・エンパイア ~Circumstances to serve a noble~ (予約特典CD付き) Software クリムゾン・エンパイア ~Circumstances to serve a noble~ (予約特典CD付き)

販売元:QuinRose~クインロゼ~
発売日:2008/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

密林注文だったのですが発売日当日に届くとは珍しい。
と、いうわけで早速「クリムゾン・エンパイア」で遊んでみました。

初めてのクインロゼさんの作品で、バグが心配でしたが今の所何の問題もなく遊べていますよ。
イベントCGが多くて良いですね~
でもCG鑑賞画面で、差分のあるCGが別々に表示されているので同じ場面の絵が何枚もあるのはやめてほしかったかな…クリックで差分表示とかにした方がスッキリしたような。

うーん落としたいキャラを追いかけていればいいのかな?
「移動」を選択した時にシエラが「○○の動向が気になる」とか言ったときはそれに従うようにしてるけど。
戦闘があるんだけど、画面は安っぽい感じ…(^-^;

シナリオはなんか回りくどいというか…1話せばいいことを5にも10にもなって話すというか…ちょっと読んでて疲れました。
クインロゼ作品はシナリオ長いと聞いているのでどうなることやら。
おや、デフォルト名にしていても名前を呼んでくれないのね~だったら変えればよかったかなーシエラって名前も可愛いけどさ。

そういえばブライアン役の鈴木さんは明るい貴族声向きなのか。黒執事でもドルイット子爵だったのでそう思ってしまった。

では次回より恒例の「感想記」として書いていきますね。
あくまで感想であり攻略の参考にはならないかと思いますが…すみませんm(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

本屋の森のあかり 4+愛しの焔 3

本屋の森のあかり 4 (4) (講談社コミックスキス) Book 本屋の森のあかり 4 (4) (講談社コミックスキス)

著者:磯谷 友紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

帯には「あかりと杜三が急接近!?」とありますが、そんなに急接近はしていない気が…ほんの少し杜三の心があかりの方に寄ってきたかな~という感じ。
研修に来た熊沢さんの話は最後の「初志貫徹」という言葉で熊沢さんの暗示が解けたとこがよかったですね。
杜三のお父さんとの話ではあかりが観光案内してるのが良かったです。あかりってホントいい子だなあ。
次巻ではあかりや緑に何らかの動きがあるとの事。楽しみですな。

愛しの焔~ゆめまぼろしのごとく~ 3 (Flex Comix) Book 愛しの焔~ゆめまぼろしのごとく~ 3 (Flex Comix)

著者:もとむら えり
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

帯に恥ずかしい場面をセレクトするのはやめてクダサイ…
おとなしそうに見えた義昭がめっちゃ黒い人で驚いたよ…。光秀襲われて女だってバレちゃうし。
しかしスピーディに話が進んでいくので目が離せませんな。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

B.Bジョーカー借りたよ

B.B.joker (Jets comics (188)) Book B.B.joker (Jets comics (188))

著者:にざかな
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この前後輩さんに「どろ高」を貸したら気に入ってくれて、その後後輩さんもマンガを薦めてきてくれました。

昔からタイトルだけは知ってたんだけど、4コママンガだったのね。
パラっとめくったトコに載ってたお坊さんの話が笑えましたよ。
ついでに「4ジゲン」も貸してくれました。なんか宇宙人みたいなキャラが可愛いね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

ONE PIECE 52

ONE PIECE(52) ONE PIECE(52)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

表紙…かわいいピンク色ですなぁ。
最近のワンピはもの凄く熱い。
ルーキー達と海軍が入り乱れての戦闘が中心の巻ですが、一番心に残ったのはレイリーがロジャーの事を話す所。
言葉に重みがあってグっときたよ。

今日に限って会社の人に「何の本買ってきたの?」と聞かれてドキっとしました…。
「ワンピースだよ」と見せたら「ああナルホド」みたいなリアクションでした。
よ、よかった…メジャーな漫画で!
ものっそいマイナーな漫画だったら会社の人のリアクションも大いに違ったであろう…。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

「ユリエルとグレン」2巻まだ読み途中ですが→読み終えました!

Photo_4 「ユリエルとグレン」2巻を読んでいる途中ですが2人を描きたくなったので描いてみたよ。クリックでちょっと大きくなります。
金髪がユリエル(弟)で茶髪がグレン(兄)
グレンはもっとフワっとした感じの髪なんですがね…これじゃサソリに見えるような…(^-^;

2巻を読み終えたので追記します(12/06)
ウォーベック家いいなぁ。伝統ある家とかすてき!
「山狩り」はウォーベック家所属のヴァンパイアハンターは全員参加の一大行事て!なにその燃えるイベント!
そういや、ウォーベック家の男たちは生まれつきヴァンパイアと人を見分けることができるって記述があったんですが、ハンターになれるのは男性のみなのかな。

ユリエルが自分達の境遇を嘆くというか、苦しい心情を吐露するところはこちらも心が痛くなりました…そして2人を抱き締めてやりたくなった…。
でも、ユリエルとグレンの2人が良い人たちにめぐり合えてよかった…!
一瞬トリストラム×アイオネのフラグが立ったかと思っちゃったよ。
しかしトリストラムは本当に清廉な人だなぁ…なんか眩しく見える。
テレンスにはなにやら影の部分が見え隠れ…そんなとこも好き。

続刊すごく楽しみだなぁ。1巻発売から比較的早く2巻がでたので3巻も早いといいな~

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »