« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の17件の記事

2009年1月31日 (土)

フラジール 感想記その2

久しぶりにフラジールで遊びました。
クロウを追って遊園地を探索~

しかしこのゲーム地下だったり外にでても夜なので当然画面が暗い…ので非っ常に目が疲れます…。長時間やってられん。
別に日中の探索があっても良かったんじゃないか。サブタイトルに「月の」って入ってるからかな…。

さてクロウとの追いかけっこですが、最初の追いかけっこはすぐ捕まえられましたが次のコーヒーカップに隠れて…ってのはコツがつかめず苦戦しましたがなんとか捕獲。

しかしまた逃げられて今度はジェットコースターのレールの上を歩いていくことに。
慎重に進んでいかないと落ちる危険があるので怖かったよ。
んで、今度こそ捕まえたーと思ったら落とし穴に落ちてしまいましたとさ…。

なんか今日はやけに目が疲れてしまったのでここで終了。
そういえば持てるアイテム数が増えたのはいいけどその分画面が遠くなって見づらいぜ。

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

うらないせいかつ

DS占い生活 Video Games DS占い生活

販売元:任天堂
発売日:2009/01/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

占い好きだし、お値段もお手ごろ、評判も上々ということで買ってしまいました。
しかし結婚関係の占いは変に気にしてしまうので見ない方が良かったかな(^-^;
あと、手相占いはペンで書き込む感じにしてほしかったなー

「気になる事をしっかり占う」というモードでは「毎日使えるお役立ち占い」や「人間関係を占いたい」等目的別に細かく分かれているのが良いですね。
中には「今日休んでもいい?」なんてのがあったり。

今日は疲労がピークに達しているので「今日休んでもいい?」を占ってみたところ…
「今日は休まず頑張りましょう」だそうだ…。
これはタロットで占うんだけどカードを混ぜ混ぜするのが楽しい。

つぼみにタッチして花を咲かせるささやかなミニゲームつき。ミニゲームは種類がもっとあったら良かったかな。

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

時空忍者 おとめ組! 1

時空忍者 おとめ組! (講談社青い鳥文庫) Book 時空忍者 おとめ組! (講談社青い鳥文庫)

著者:越水 利江子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新選組モノのお話を書かれていた越水さんの新シリーズ。
青い鳥文庫だし小学上級からって書いてあるけど面白そうだったので買ってしまった。
表紙の真ん中の子は女の子だったのね。

LOBOSに戦國ストレイズに殿といっしょ…と織田信長が出てくる作品が続いてるなぁ。

*2月3日追記
というワケで全部読みましたよ。先が気になって一気に読んでしまいました。大人でも十分楽しめますよ!
3人の女の子達がそれぞれ個性的で良いですね。
冒険活劇だけでなくラブコメも要素もあるそうなのですが、竜胆は霧生丸と乱の2人と恋愛フラグが立っているような。気になるっ。
三香は飛也が気に入ってるみたいだけど、薫子にもラブ要素はあるのかな?信長がステキとか言ってたけど…さすがにそれはないかなー(^-^;
いい所で終わってしまった…ので続刊も買う予定。楽しみです( ^ ^ )

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

黒執事 6+戦國ストレイズ 3

黒執事 6 (Gファンタジーコミックス) Book 黒執事 6 (Gファンタジーコミックス)

著者:枢 やな
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

6巻にして初めてシエルが表紙に。
全編に渡ってサーカス編(という括りでいいのかな)です。
ビーストの太ももの刻印を見つけた時や予告編等で珍しくセバスチャンが女性と絡んでますね。
それにしても作者さんはアニメへの資料提供やらオリキャラデザインやら描き下ろしやらすごいノリノリですね~すごい仕事量なんじゃないだろうか。

戦國ストレイズ 3 (ガンガンWINGコミックス) Book 戦國ストレイズ 3 (ガンガンWINGコミックス)

著者:七海 慎吾
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回も信長が表紙!同じキャラがずっと表紙を飾るのってあんま好きじゃないなぁ…。色んなキャラを描いた方が作品の魅力が伝わると思うんだけど。
で、この巻から濃姫が登場。凛々しくて勇ましい人だなぁ。信長の正室ですが妻というより同志のような付き合い方のようです。
しかし濃姫の登場でかさねの影が益々薄くなってしまったような…。
最後で何やら敵さんが濃姫に目をつけていたので、それに関してかさねが活躍する機会があればいいんだけどなー

このブログに「戦國ストレイズ キャスト」という検索でお越しの方が時々いるのでドラマCDのキャストを記しておきましょう。

草薙かさね:斎藤千和
織田信長:鳥海浩輔
丹羽長秀:立花慎之介
藤吉郎:遊佐浩二
服部小平太:鈴木達央
草薙虎徹:喜多村英梨
草薙正宗:相田さやか
佐々成政:神谷浩史
織田信行:宮野真守
毛利新助:柿原徹也
河尻秀隆:内田夕夜

漢字だらけで見づらいですかね…。
ちなみに2月25日発売予定ですよー

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

フラジール 感想記その1

フラジールに熱中してて大河見忘れてしまったじゃないか。
さて感想書いていきますがネタバレと思われる箇所は白文字で書きますね。

いきなり行き詰ったYO!
崩れやすい床のある地下商店街でドコへ行ったらいいかわからず迷ってしまったわ。
おかげでレベルは上がったけどさ。
しかしあの足だけの敵がコワイ…登場する時も笑い声だから怖さ倍増。
あと犬の姿の敵は犬をいじめてる気分になるのでいたたまれない…。

猫がよく歩いてるのですが、猫じゃらしをつかうと懐いてくれるのが可愛いです(´∀`)
でもカメラアングルが悪いというか…猫がじゃれた時は猫にカメラ寄ってほしかったなぁ。セトが背中向けてるから何が起きてるかわかりにくいので。カメラ位置調整も手間取るし…。

アイテムに関するシステムが不親切でイラっとすることがしばしば。
持てるアイテム数が限定されてるし、四角い枠の中にパズルのようにはめ込んでいくのもいらなかったような。
武器も壊れたらわざわざ捨てて新たに持ち変える時もたき火のとこじゃないといけないし…めんどくさっ。

お話のほうは、セトがレンを気にしているとPF(パーソナルフレーム)がヤキモチ焼いてる感じなのが可愛かったです。
PFは綺麗で優しい声が良かったです。
しかしあんな早く別れがくるとは…。
やっと遊園地に着いたら一番気になっていたキャラのクロウが出てきて嬉しかったけど、本日はここまで。
うーんクロウは可愛くてすごく好き(登場キャラの中で1番かも)なんですが、男性声優さんが演じてくれていたらもっと萌えたんだけどなー。

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

天体戦士サンレッド 8

天体戦士サンレッド 8 (ヤングガンガンコミックス) Book 天体戦士サンレッド 8 (ヤングガンガンコミックス)

著者:くぼた まこと
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙を飾ったアニマルソルジャーは巻頭カラーにも登場。ヴァンプ様にサンレッド抹殺をおねだり(?)したり、子供にいじめられたところをレッドに助けてもらったにもかかわらず殺意は忘れないウサが可愛いです。
笛を吹く怪人の話と防災訓練の話、それとヴァンプ様の代わりにヘンゲル将軍がレッドとの対決の場に来た話が好き。
特に防災訓練はきちんと部下を怒れるヴァンプ様が素敵。理想の上司です。
怒られた4人もちゃんと反省してて偉いよ。

アニメのDVDが2月11日からリリース開始ですね。楽しみだなー

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

フラジール開始

FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~ 特典 サウンドトラックCD付き Video Games FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~ 特典 サウンドトラックCD付き

販売元:ナムコ
発売日:2009/01/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2ヵ月前Wii本体買う前から予約してたんだぜ!
久しぶりにRPGをやりましたよ。

廃墟を探索して行く時のあの静かな雰囲気が堪りません。
セリフや説明もタテ書きなのがまた良い。
そしてセリフが表示されてる時もウィンドウ画面がでるのではなくて文字のみで表示されるのもシンプルで良いですね。
ただステータス画面等の文字が小さくて見づらかったかな。

窓から生えてる手の敵が怖かった…強かったから1回死んじゃったじゃないか。
リモコンから聞こえてくる音量の設定ってできましたっけ?音がデカくて「うるさっ」ってなったもんで…。

しばらくは乙女ゲーを離れてこっちに集中するのでネタがあれば感想記として書きますー

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アースカイザー 1+LOBOS 4+殿といっしょ 3

超絶変身!!アースカイザー 1 (1) (モーニングKC) Book 超絶変身!!アースカイザー 1 (1) (モーニングKC)

著者:くぼた まこと
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「超絶変身!!アースカイザー」と冠しておきながらアースカイザーはでてきませんよー
舞台が静岡なのが嬉しい!
同じ怪人さんものでもサンレッドと比べるとちょいと哀愁ある笑いですね。
静岡つながりなのか、サンレッドの方からフロシャイム静岡出張所のギスギスした読み切りが載ってますよー

戦国戦術戦記LOBOS 4 (4) (シリウスコミックス) Book 戦国戦術戦記LOBOS 4 (4) (シリウスコミックス)

著者:秋山 明子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おおお4巻も熱い表紙だ。かっこいいー
まだちゃんと読んでないけど、内容は市蔵の過去編が中心ですね。
むむ…あとがきによるともしや次巻で最終巻なのか?!と心配してしまいましたが、シリウスHPの予告にタイトル載ってるから、いよいよ決着とか最後までとかは市蔵の復讐に限ったことなのかな。

殿といっしょ 3 (3) (MFコミックス) (MFコミックス) Book 殿といっしょ 3 (3) (MFコミックス) (MFコミックス)

著者:大羽 快
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

紫の表紙が続くな。本屋さんで平積みになってたけど本と本の間に埋もれてて探したじゃないか。
表紙は今話題の直江ですよー
4コマだけでなくショートギャグも載ってます。
モテないキャラと決め付けられてしまっている今川義元が不憫…。
名前を聞いたことのある武将だけでなく前々知らなかった武将がでてきて勉強になるトコもよいですね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

屍姫 10+環状白馬線 車掌の英さん

屍姫 10 (ガンガンコミックス) Book 屍姫 10 (ガンガンコミックス)

著者:赤人 義一
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙のマキナは…どう見てもぱんつはいてませんね。
作者コメントによると、表紙イラストの打ち合わせはいつも激論になり「この構図じゃマキナの太ももがよく見えないじゃん」とかで、当初描く予定だったキャラを描けなくなったりすることもあるんだそうだよ。
表紙イラストで太ももを重視しないでください…。
内容ですが、ミラムとの戦いが中心で、表紙にも居るように神佳も過去の話が載ってたりと出張ってます。
屍姫も10巻到達ということで、そろそろ読みつづけるかどうか決める潮時になってきました。
うーん…屍法姫教典の写本をロギアがリカを操って盗んで、それが赤紗とロギアの切り札になるとか気になるんですがねーここらで読むのやめるかもです…。
マキナと七星や教主、王らと光言宗の戦いに終わりが見えてこないというか…もっと主人公側の話をサクサクっと進めてほしい。

環状白馬線車掌の英さん (花とゆめCOMICSスペシャル) Book 環状白馬線車掌の英さん (花とゆめCOMICSスペシャル)

著者:都戸 利津
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


どっかでこのマンガの発売情報を見て、どんなマンガだろうと気になっていたので、今日本屋で見かけて買っちゃいました。
タイトルは車掌のえいさんではなく「はなぶさ」さんです。
絵も話もすっごく丁寧な作りで非常に良かったです!
暖かい気持ちになれるマンガですね。
1話の登場人物のエピソードが全部繋がっていくのとか、2話のこういうのはミスリードって言うんでしょうかね?「英さん」という名前や「金髪の車掌さん」とか見事に騙されました。
しかし西洋風な世界観なのに「英」という名前にちと違和感があるのですが(^-^;

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

ビーズログ 3月号

ビズログ感想の前に…カテゴリー「乙女ゲーム(09)」を追加。この記事から適用。
あと「大神」や「流行り神」等の感想は新設したカテゴリー「一般ゲーム感想」に移しました。
ではビズログ感想。今月も長いぞー

B's-LOG (ビーズログ) 2009年 03月号 [雑誌] B's-LOG (ビーズログ) 2009年 03月号 [雑誌]

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

最近はBL特集多いね。
それはさておき、最初は「カヌチ黒」から。衝撃のキャスト発表ですよ!
何が衝撃って…そりゃ…

アクトの声優変更!!!

エエエエ~!!な、なんでー?!( ゚д゚)
白の時は木内秀信さんでしたが緑川光さんに変わっていましたよ。
高木DのコメントにもHPの開発ブログにもそのことには触れられていないので大人の事情ってヤツなんでしょうかね…。
一番人気のキャラの声を変えるとは…こりゃまた批判されそうな…。

新キャストまとめ。アクト:緑川光 ヒノカ:代永翼 タカミ:鈴木達央 コトヒラ:てらそままさき
おお!陛下のてらそまさんといえばNARUTOの飛段でしたねー
タカミの鈴木さんは図書館戦争の手塚、ヒノカはおお振りの三橋とあさきのぎおたんっすね。 

「カヌチ黒」に関して他にはサブキャラのフタバが新たに公開。
キレイなお姉さんかと思いきやキレイなオカマさんでした。中々面白そうなキャラですな。
オカマキャラといえば「悠久ノ桜」の桜樹を思い出すなー
しかし彼もサディスティックですか…ヤスナにはどんだけS属性がいるんだ。
特集はカスガ。無意識にフェミニストな感じが素敵。

では「カヌチ黒」以外は掲載順に。
オトメイトから新ブランドオトメイトf(フォルテ)というのができたそうです。
一般ゲームに分類されていて、ゲームタイトルは「俺がオマエを守る」で機種はDS。
発売時期は5月21日。
メインキャラデザにカズキヨネさん、そして開発がヴァンテアンシステムズ。
この主人公のレンはカズキヨネさんの画集「斬華」に描き下ろしとして載っていた子が元になっているのでしょうね。
せっかくの新ブランドなんで完全にオリジナルにしていただきたかった気もします。
他キャラもカズキ氏の絵に雰囲気が似ているのでもっとオリジナリティをだしてもよかったんじゃないかなーと思いました。

またしてもオトメイト新作!6月4日発売予定の「L2 Love×Loop」
ちょっ…!まさか「アルコバレーノ!」と「ワンド オブ~」の間に新作挟んでくると思わなかったぜ…どんだけー!(コレもう古い?)
キャラデザに岩崎美奈子さんを迎えたせいか今までのオトメイト作品とは毛色が違う印象。
SFっぽいファンタジーだそうで、キャラだけを見るとファンタジーっぽさの方が強い感じ。
ヌヌ…廃墟が舞台とか非常に惹かれるんですが…購入は未定で。
声優さんも発表されてまして、次の通り。キャラ名は割愛。
徳本恭敏、岸尾だいすけ、浜田賢二、鈴木達央、大川透。

「リトルアンカー」は発売時期が4月予定とのこと。
あれ?主人公の藍澄は髪しばってたのか。帽子かぶってる時はわかんなかったなぁ。

「ワンド オブ フォーチュン」もキャスト発表~次の通り。
ユリウス:櫻井孝宏 ノエル:鈴木千尋 ラギ:柿原徹也 ビラール:高橋広樹 アルバロ:鈴村健一 エスト:入野自由
魔法学院の先生も登場。
それにしてもヒロインはやっぱり今までの薄葉作品を踏襲したヒロインが良かったなぁ。
公式サイトによると発売予定日は6月25日とのこと。

「蒼天の彼方」は新たに登場キャラクターが。
燕尭(えんぎょう)という眼帯でワイルドな感じ。30歳だそうだがもっと若く見えるかも。

「風色サーフはサブキャラと既出のキャラの笑顔が載ってます。
前号では絵に難癖つけてましたが、改めて記事を読んでたら興味が湧いてきました。
ビズログには載ってなくて風色のHPに載ってるサブキャラが居るんですが…そのサブキャラの声が加藤将之さんですとー!
こ、これは購入する可能性が高くなってまいりましたよ。
*クラウスのcvが浜田賢二さんになってますが正しくは藤原啓冶さんですね。

「アルコバレーノ!」は新キャラ登場。
有名イタリア料理店のシェフ、バジリオ・グラツィアーニ(杉山紀彰)とグルメライターの八木省吾(鳥海勝美)
正直「アルコバレーノ!」は購入未定でしたが八木の登場でちょっと気になってきたぞ。

クリチェキの薄葉カゲロー氏のイラストが素敵です。
特にエミリーの黒い微笑みが…!
コラムのクリチェキにはヴァンテアンシステムズの高木Dが登場で嬉しい。
でも高木Dって開発ブログも書いてオトメイトモバイルでも日記書いてて今度はビズログにもコラム…すごい仕事量…。ホント尊敬しますわ。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

アラタカンガタリ 1

アラタカンガタリ〜革神語(1) アラタカンガタリ〜革神語(1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

「ふしぎ遊戯」でおなじみの渡瀬悠宇さんの少年マンガ。
なんか結界師の最後のページに新刊のお知らせが載ってて面白そうだったので買ってみた。

現代に生きる少年革(あらた)が日本神話風の異世界に生きるアラタと入れ替わってしまう話。
普通に面白いですね。ソツなく面白い。
正統派清純ヒロインって感じののコトハ可愛いしね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

結界師 23+鏡の巫女アヤカ 4+中国ふしぎ夜話 1

結界師(23) 結界師(23)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

断頭島編が終了ー
夕上さんのおかげで良守と時音の距離が縮まった感じ。
閃ちゃん…「副長腰細ー」って時音の時といい役得ですな。
神佑地狩りの方はといえば犯人らしき人物が烏森に派遣されてきましたが、どうなることやら…。
裏でなにか起きてるそうだがあまり裏の事は描いてくれないんだよね。

 鏡の巫女 アヤカ   4 鏡の巫女 アヤカ   4
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

アヤカはこの4巻を読んで今後も読み続けるか決めようと思ってたんですけど、なんか面白くなってきたんでまだ読もうかと思います。
小さくなった命婦がカワイイ。
ただのやられ役かと思われた赤土、黄金、青火が別の動きをみせてきたので面白い。

中国ふしぎ夜話 1―黄金の石榴 (プリンセスコミックス) Book 中国ふしぎ夜話 1―黄金の石榴 (プリンセスコミックス)

著者:長池 とも子
販売元:秋田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


絵がちょっと好みじゃなかったんだけど「中国ふしぎ夜話」ってのに惹かれて衝動買い。
人間嫌いだって言いつつも結局世話を焼く仙人の趙青龍がいいね。
どの話もハッピーエンドなので読後感が良かったです(^ ^)

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

ラブフェの新譜来たー

love solfege’

love solfege’の新譜「アクルグ解析による自由への教唆」が届きましたよー
↑クリックで「アクルグ~」の特設サイトに行けます。

あんみさんが抜けてしまったので買おうか迷ったんですが鮎さんの歌も好きなので購入。
今回のアルバムでも鮎さん担当の「agitando malaugurato di ali」が一番好きですね。
サビのヨーデルっぽい歌い方が印象的でクセになる。
あとインスト曲の「the wise snake」もギターがカッコ良くて好き。なんかRPGのボス戦って感じね。
今回はメンバーからのコメントがなくて寂しいなぁ。

そういえばこのアルバムに謎解きゲーム要素があるってあったけど…ダメだっ!私にはサッパリ分からん。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

コミックビーズログ2月号買ってみましたよ

COMIC B's-LOG (コミックビーズログ) 2009年 02月号 [雑誌] Book COMIC B's-LOG (コミックビーズログ) 2009年 02月号 [雑誌]

販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「カヌチ」がマンガ化されたのでコミックビーズログ2月号を購入。なかなか売ってなくて探したぜ…。

マンガ版のカヌチですが、悪くないと思います。ちょっと画面が白いけど。
前ビズログにチラっと絵が載った時も書いたけどアキのポニーテールの位置がちと高いんだよなー。細かい事気にしてすんません。
単行本1冊分くらいにまとめるんでしょうかね。
お話の方はゲーム内容を駆け足で進んでる感じ。

掲載されてた「あめのちはれ」が面白かったので単行本になったら買いたいなー

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

花月姫+ヒメギミの作り方 1・2

 花月姫 花月姫
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

白泉社のサイトを覗いていたら面白そうだったので買ってみた。
「1」となってませんが、まだ雑誌で連載しているようなので2巻がでるかもしれませんね。
アラビア風の世界が素敵です。
主人公リースは踊り子なのでとにかく露出度が高い。表紙からもわかるけど。
あとがき読んで驚いたけど、突然漫画家を目指してなれちゃうのがスゴイですね。

ヒメギミの作り方(第1巻) ヒメギミの作り方(第1巻)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

ヒメギミの作り方(第2巻) ヒメギミの作り方(第2巻)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

「花月姫」を探してたらなんか面白そうだったので衝動買い。
絵がとにかく綺麗です。
主人公まりあは実は王女だった…とどっかで聞いたような設定ですな。
ま、それはさておきまりあと執事2人の絆がぎくしゃくしながらも深まっていく様子が良かったです。
メガネでちょっと天然で真面目なルーファスと、いつもにこやかだけどちと暗い過去のあるユリどちらも萌えますな。
せっかくの主人公王女設定なんで国に戻るトコを描いて欲しかったなぁ。「CROWN」みたいに。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

「ホワイトクロウ」読了しました

インディゴの夜 ホワイトクロウ (ミステリ・フロンティア) Book インディゴの夜 ホワイトクロウ (ミステリ・フロンティア)

著者:加藤 実秋
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こつこつ読んでいた「ホワイトクロウ」を読み終えました。
東京創元社でサイン入り本を販売するというのを見かけて速攻で申し込み、サイン入り本を入手できました。嬉しいー

「神山グラフィティ」
ジョン太が主人公の話。
悪いことした人に対して、「許せない」と言いつつも認めるところはきちんと認めるジョン太がカッコ良かったですね。

「ラスカル3」
アレックスが主人公の話。
ううーん…この話では悪人相手とはいえ強盗めいたことやってたりツッコミ所満載だったかな…と。
あと今回起きた事件へのフォローがもっと欲しかったなと思いました。

「シン・アイス」
犬マンが主人公の話。
事件の捜査で集まった情報が結末に繋がるまでジグソーパズルが完成していくような感覚で読んでいくのが面白かったです。

「ホワイトクロウ」
表題作はいつものように晶さんが主人公。
いやー上記3編すべて関わってくる所が面白かったですね。
晶さんの若者と自分達を比較した描写が笑えました。「平成生まれが大半と思しき店内で、体格も恰好も昭和丸出しの私と塩谷さんは悲しいほど浮いている。」ってとこ。「悲しいほど」って(笑)
5からの話の終わり方がきれいですごく気持ちよかった。爽快感がありましたね。

そういや今回は空也が一切関わってこなかったなぁ。サブキャラ的な位置にいたので居ないと淋しいものがあるような…。
あと、なぎさママはついついイッ○ーさんの姿で想像してしまいます。実写にしたらハマリ役だと思うんだが。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

夏目友人帳 7+夏目ファンブック+スケット・ダンス 6+バクマン。 1

夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS) Book 夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS)

著者:緑川 ゆき
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


7巻は新キャラにして悪役風の的場一門当主登場。
どうしようすごく好みだこの人。
この的場がでてくる話は展開が予想外でした。

夏目友人帳公式ファンブック-夏目と友人たち (花とゆめCOMICSスペシャル) Book 夏目友人帳公式ファンブック-夏目と友人たち (花とゆめCOMICSスペシャル)

著者:緑川 ゆき
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


続いて夏目の公式ファンブック。
なんかノリがNARUTOの者の書とかに似てるね。
キャラのプロフィールが載っていますがレイコさんは謎のまま。

SKET DANCE 6 (ジャンプコミックス) Book SKET DANCE 6 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


まるでバンドマンガのような表紙ですが、中を見て納得。
しかしいきなりの宇宙設定の45話には驚いた。
百香はホントどこまでいっちゃうんだろう。

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス) Book バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)

著者:大場 つぐみ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


裏表紙はジャンプコミックスのロゴが透けて見えるようにしてあるんだね。
と、思ったら帯の下にちゃんとあった。
ジャンプ連載を目指す少年達の話。
内容の感想じゃないけど、眠いのでこれにて失礼…。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »