« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の18件の記事

2009年3月30日 (月)

ビタミンZ 感想記その四

千聖とのエンディングを見ましたよー恋愛値を上げる方のね。
イベントCGにはあまり甘々なものはないんだけど、シナリオの方では激甘ですねぇ。
千聖は普段クールなんで甘い事を言われると破壊力があるね。

「裏聖帝秘譚」はやっぱ生徒の方のシナリオ進行具合に関係してるんでしょうか。
今日千聖攻略後に2章が出現しましたよ~
2章のメインは加賀見先生でしたが、以前どこかで主人公が実は加賀見先生が一番地味…?とか思ってましたがホントに地味男くんだったのね。派手な見た目とのギャップが可愛いよ。
生徒よりGTRとR+が好きなんでもっとガッツリと攻略対象にして欲しかったなあ。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

乙女ゲーム(06,07)トップ用記事

*これはカテゴリー「乙女ゲーム(06,07)」を見た時に最初に表示されるように書いた記事です。
「乙女ゲーム(06,07)」にて感想を書いてあるゲームタイトルは以下の通り。
感想が中途半端なものもありますがご了承くださいm(_ _)m
あと、各記事は降順になっているので見づらいと思います。すみません。

幕末恋華 花柳剣士伝
悠久ノ桜
ウィル・オ・ウィスプ
翡翠の雫 緋色の欠片2
プリンセスナイトメア
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
緋色の欠片~あの空の下で~
はぴCURE
緋色の欠片

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙女ゲーム(08)トップ用記事

*これはカテゴリー「乙女ゲーム(08)」を見た時に最初に表示されるように書いた記事です。
「乙女ゲーム(08)」にて感想を書いてあるゲームタイトルは以下の通り。
感想が中途半端なものもありますがご了承くださいm(_ _)m
あと、各記事は降順になっているので見づらいと思います。すみません。

クリムゾン・エンパイア
カヌチ~白き翼の章~
ウィル・オ・ウィスプ~イースターの奇跡~
薄桜鬼
あさき、ゆめみし
エーデルブルーメ
プティフール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビタミンZ 感想記その三

今日も1日中遊びまくり。

3章まで千聖、八雲、アラタを同じように進めていましたが、3章以降は千聖1本に絞って攻略。
千聖は9章まで進んだのでクリアまであと少し。
他の子たちにも言えますが、だんだん懐いてくれて心を開いてくれるのが嬉しいですねー

慧も1章だけ終わらせましたが、慧にも月末試験が待っていようとは。
さらに「裏聖帝秘譚」1章の3つあるアクションポイントが発見できたものの、次の章が現れないよー(;´д`)
恋愛値だけを上げても偏差値だけをあげても、両方同じように上げても2章でてこないし。
うーん生徒達を先に片付けた方がいいのかなぁ。

そういえばキャラの立ち絵が近づく時があるんだけど、なんか目が粗いので気になる…。

エクストラモードの月末試験で遊ぶのが楽しいです。問題文もちゃんと担当キャラが読んでくれるので良いですね(^-^)
しかしたまにこの問題はこのジャンルでいいのか…?と疑問に思うものがチラホラ。
Dグレの問題とか「宗教」扱いだし。
「ゲーム」ではやっぱD3のゲームからでる問題が多いねー
あと漫画からの出題も多いのでいっそサブカルチャーとかそういうジャンルにしたらよかったのにねーそうなると益々マジアカっぽいか。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

ビタミンZ 感想記その二

もりもり攻略中!
とりあえず天十郎は恋愛値を上げた方のエンディングにたどり着きましたよ。
しかし映画館やら遊園地で生徒と教師がと堂々とデート…ま、乙女ゲーですからね!細かいことは気にしない!
文化祭の劇でのイベントCGはうしろから抱き締めてるっていうより羽交い絞めにしてるって感じだけど…き、気にしない!

ラストの理事長との2連戦はキツイわ!!1戦目と次の間でセーブできないし!
最初は6問以上正解でクリアだけど次は7問以上…何度かやってると問題がダブるんでなんとかクリアできたけどさ…。
なんかvs理事長はまさにRPGのラスボスと戦っているようで楽しかったです。期待を裏切らないな理事長!
2度目の試験の時はBGMが「絶頂HEAVEN」ですごくカッコよかったな。

その後は他のA4の話を1章づつやってから、P2のプロローグ的な短い話を読み、「裏聖帝秘譚」なるものも出現したので意気揚々とやってみたらアクションポイントがまったく分からず評価が「不可」…!アレ?2周目からでもどこでアクション起こすかわかるようにしてくれないのかな…?
それにしてもGTRの登場シーンはいちいち面白い。天童先生の気合の入りっぷりとか、やむ得ず付き合ってあげてる桐丘先生とかね。

天十郎はわかりやすく間違えてくれるのでツッコミorスルーがしやすかったんだけど、他のキャラは分かりにくいな…ただの冗談なのかどうかわからんよー

そういえば今日試験問題で「仏陀に乳粥をふるまった人物は?」みたいな問題がでたんですが、答えは「スジャータ」…こ、これ「聖☆おにいさん」で見たことあるー!と喜んでたら答えに「聖☆おにいさん」となる問題がでたりしたよ!

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

ビタミンZ 感想記その一

ビタミンZ(通常版) Video Games ビタミンZ(通常版)

販売元:D3PUBLISHER
発売日:2009/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さっき記事を書いて保存しようとしたら消えてしまった…もう一度書くのがメンドいのでちょっと短めに。
ああっ日付変わってしまったわ。

最初に、私は前作未プレイのためあしからず。

月末試験はなんかマジアカを思い出すので楽しかったです。
とりあえず攻略は天十郎から順番に行くつもり。
ツッコミorスルーシステムでは恋愛値を上げたいのでスルーしまくり。
2章の最後には究極の選択でました。もちろん恋愛イベント見ましたよ。
それにしても天十郎のお母さんて意外と普通の人だったね。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

将国のアルタイル 4+できそこないの物語 2+聖☆おにいさん 3+ファンシーGUYきゃとらん 1

将国のアルタイル 4 (4) (シリウスコミックス) Book 将国のアルタイル 4 (4) (シリウスコミックス)

著者:カトウ コトノ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この巻ではヴェネディックでの話以外に、作者のデビュー作が載っています。
ヴェネディックでも一癖も二癖もある者達が待ち受けていたワケですが、そんな中でアビリガがマフムートの仲間入り。
予告編見るとなにやら将国の方で動きがある模様。益々目が離せません。

できそこないの物語 2 (2) (シリウスコミックス) Book できそこないの物語 2 (2) (シリウスコミックス)

著者:箱宮 ケイ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本編以外にも短編3本収録。
わずか4ページの超短編でも心に残る作品が描けるのは凄いなぁ。

聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC) Book 聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)

著者:中村 光
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おお、大天使達やら天界の住人が登場してにぎやかになりましたね~
感想短っ。
だってどこもかしこも面白いからさ。

ファンシーGUYきゃとらん 1 (1) (アフタヌーンKC) Book ファンシーGUYきゃとらん 1 (1) (アフタヌーンKC)

著者:くぼた まこと
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ファンシーなキャラ達が所帯じみてるトコがいいよね。
あと単行本がきゃとらんのしま模様だったり上部にはきゃとらんの顔があったり細かい。
ちょいちょいサンレッドのキャラが居るんで思わず二ヤリ。帯にも「ヴァンプ将軍絶賛」って書いてあるし(^-^)

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

ちはやふる 1

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス) (Be・Loveコミックス) Book ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス) (Be・Loveコミックス)

著者:末次 由紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たまたま覗いたサイトさんの日記で「おもしろい」と書かれていたので興味をもち購入。
競技かるたを取り扱っているとは珍しいですね~
千早をはじめ、メインの3人がかるたを通して仲良くなっていく様子も面白かったな。
原田先生もキャラが濃いし、千早がかるたを返しにいった時のやりとりが温かくて印象的でしたね。
続刊がまだ4巻までなんで、今度一気に買ってくるわ!

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

ビーズログ 5月号 7周年おめでとう

B's-LOG (ビーズログ) 2009年 05月号 [雑誌] Book B's-LOG (ビーズログ) 2009年 05月号 [雑誌]

販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ではではさっそく掲載順に感想を。

「ビタミンZ」は新規イベントCGが載ってますよーいよいよ来週発売ですね!
千聖とのCGではドレスアップした真奈美が可愛い~

D3のDSでの新作にはちょっとだけ触れておきましょう。
「サイキン」っていうとどうしても、もや○もんを連想してしまいます。
キャラデザがちょいと地味な感じなんで食指が動きませんでした。

「S.Y.K~新説西遊記~」発表待ってました!オトメイトの西遊記モノ!!
中華風な世界観ですが、キャラはスタイリッシュかつ大胆にアレンジされてて良いです。
主人公は「玄奘」なわけですが名前変換は無いのかな…?サイドの長い髪型が特徴的で可愛いですな。
お供達がまた個性的で素敵。悟空は悪そうで気だるげな感じ。髪型が銀さんぽいね。
玉龍は「玄奘以外のものに興味がない」っていきなりデレ状態で萌える。
ストーリー進行がアニメのように進むそうですが、リトルアンカーもそんな感じだったよね。最近の流行り?
スタッフインタビューのトコに二郎真君に関するコメントがいきなり載ってるんだけど…校正ミスか…?つか二郎真君は市丸に似ているような。
発売予定は8月13日。夏は「蒼天の彼方」といい中華風に期待ですよ(´▽`)/

「緋色の欠片4(仮)」も発表!「緋色3」でも原画を担当してらしたいけさんが原画、キャラデザ担当。しかしカズキヨネさんテイストはなくなっています。いや、ちょっと雰囲気残ってるか。
絵の塗り方もアニメ塗りっぽくなって、世界観も和風ではなく近未来に。
スッタフの方も言ってますが「まったく新しい緋色」のようです。
とはいえ、守護者達の名字は初代緋色の面々と同じなのでどこかつながりがありそうですが。
新ヒロインの沙弥が可愛いなぁ。なんかギャルゲーにでても違和感なさそうなくらい。
こちらは9月発売予定。

しかし新作2つは絵にどーもカズキヨネさんぽさを感じます。緋色はしょうがないかもしれないけど。西遊記の方は塗り方がそう感じさせるのかなー
もっと独自のテイストで行った方がいいと思うんだけどなぁ。

「ワンド オブ フォーチュン」はミニゲームのカードゲームが面白そうです。はまりそう!

「L2 Love×Loop」は新規イベントが載ってるけど「イベントとともにイベントを紹介」ってデカデカと書かれているトコが気になった。「シナリオとともにイベントを紹介」の間違いかしら…。

「カヌチ~黒き翼の章~」はサナト特集!ビズログのプレゼントコーナーで桐矢氏がサナトを描かれてますねーお気に入りなのかな。
今月号もゲーム画面が満載で食い入るように見ましたぜ。
ヒノカの一人称が「私」と「僕」になってるのが気になった。公私で分けてるとかなのか?
4章の紹介ではサブキャラのフタバが出張ってるねーアクトのセリフの「フタバのヤツ、すげー怒られてたぜ?」だって(笑)怒られてるフタバが見たい。
報告書のサナト…そっけない…orzでも魅惑の描き下ろしサナトは美しいわ~

「ガーネット・クレイドル」ももうすぐ発売ですね。
攻略対象は王子の5人のみであると明言されてましたよ。
分岐も複雑ではないそうなのでノベルゲーム色が強そう。

一般ゲームの「アークライズファンタジア」が気になっています。
「フラジール」以降やりたいソフトもなく、Wiiがすっかりお部屋のインテリアと化しているので活用したいところだったので、もしかしたら買うかもしれない。
発売日が「L2」と同じだけど(^-^;
公式HPのブログを覗いたところ気になる発言が…「女性向けRPGがつくりたい」とな!
女性向けに特化したRPGってあんまり見かけないので是非挑戦していただきたいものです。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

KATANA 5

KATANA 5 オロチ刀 (ぶんか社コミックス) Book KATANA 5 オロチ刀 (ぶんか社コミックス)

著者:かまた きみこ
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


サブタイトルは「オロチ刀」ということで、全編に渡ってオロチ刀のお話。
オロチ刀誕生のいきさつには襲も深く関わっているので表紙は襲。
シリアスな展開なんだけど、滉の中に鳳凰剣の人格が入ってしまったり、京崎の振る舞いとか笑える箇所もチラホラあって楽しめましたね。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

桜姫華伝 1

桜姫華伝 1 (りぼんマスコットコミックス) Book 桜姫華伝 1 (りぼんマスコットコミックス)

著者:種村 有菜
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


久しぶりに種村作品を読みましたよ。
平安時代風な世界観だけど、桜姫が変身したりとそこは種村さんらしいっすね。
しかし桜姫の変身後の衣装は月の衣装とはいえちと違和感だけど…(^-^;
白夜もなんか違和感…ばーさんなんだけど髪型が若い子みたいだからかな…頭身が小さいから?
ちょいと違和感なポイントばっか書いてしまいましたが、お話は青葉のことが意外だったので続きが気になるかな。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

ウィル・オ・ウィスプ 1+キングアビス 1+よろず屋カイトと街角迷宮

ウィル・オ・ウィスプ 1 (1) (BLADE COMICS) Book ウィル・オ・ウィスプ 1 (1) (BLADE COMICS)

著者:オトメイト
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

乙女ゲーム「ウィル・オ・ウィスプ」のマンガ化作品。
薄葉カゲロー氏の繊細なデザインを壊すことなく描き手さんがキャラを自分のものにしてるのが良い感じです。
丁寧な作画にも好印象。DFスタッフブログでベタ褒めされてただけあるね。

キングアビス 1 (1) (CR COMICS) (CR COMICS) Book キングアビス 1 (1) (CR COMICS) (CR COMICS)

著者:なかむら たかし
販売元:ジャイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あちこち本屋探してネット通販するか諦めるか…と思ってましたが見つかりました。
当然だけど、キャラの造形が「ファンタジックチルドレン」を彷彿とさせますな。
重厚な世界観に引き込まれました。
なんかコミックラッシュのお知らせペーパーが4枚も挟まってました。なぜじゃ。

よろず屋カイトと街角迷宮 (バーズコミックス) Book よろず屋カイトと街角迷宮 (バーズコミックス)

著者:秋吉 風鈴
販売元:幻冬舎コミックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジャケ買い、すなわち衝動買いだったわけですが、あまり琴線に触れず…。
可もなく不可もなくって感じかな。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

一応攻略本買ってみました

フラジール-さよなら月の廃墟 ザ・コンプリートガイド Book フラジール-さよなら月の廃墟 ザ・コンプリートガイド

販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

攻略だけでなく考察も載るとの事で買ってみました。
うーんもっとスッタフコメントが読んでみたかったなぁ。
特別連作ストーリーも載っているけど、最後の結末が描かれてるものは掲載されておらず、ゲームの中で確かめて、との事。
敵の名前初めて知ったけど、皆ひらがなだね。
設定画なんかもありますが小さめにだし、もっと1キャラにページを割いてほしかったかなー
キーワード解説のページはかなり確信に迫った設定が書かれています。登場人物達も結構詳細な設定がされてるのね。
キャラの名前の意味はあくまで「一例」というか予想のような書かれ方だったけど、シンプルな名前の中にも深い意味があるなーと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

赤髪の白雪姫 3

赤髪の白雪姫 3 (3) (花とゆめCOMICS) Book 赤髪の白雪姫 3 (3) (花とゆめCOMICS)

著者:あきづき 空太
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

帯に「この王国に、生きてみたい。」とデカデカと書かれていましたが、ほんとだね。
てっきりゼンとイザナは険悪な仲かと思ってたんだけど、そういうわけでもない様子。
イザナの17歳の時の話はイザナの度量の大きさが良く分かる話で、「全身に熱が走った」というゼンに共感してしまった。
ラジ王子は帰る前の日に白雪に言われた言葉でこれから良い王子になってくれるといいなぁと願ってます。
白雪とゼンは友人関係から一歩前に進んだ感じがありましたが、次巻予告では赤面の白雪が…さらに前進するのか?

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

ONE PIECE 53+スケット・ダンス 7+バクマン。 2

ONE PIECE 巻53 (53) (ジャンプコミックス) Book ONE PIECE 巻53 (53) (ジャンプコミックス)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

麦わらの一味がバラバラになってしまいました。
ルフィは女性だらけの島に飛ばされてしまい、そこで七武海の一人であるハンコックに出会うことに。
女王様タイプのハンコックがルフィに恋しちゃうとこが可愛いです。

SKET DANCE 7 (ジャンプコミックス) Book SKET DANCE 7 (ジャンプコミックス)

著者:篠原 健太
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


表紙はいつもタッチが違うので違うマンガかと思っちゃうよ。
ヒメコの過去編が中心ですが、それ以外ではロマンちゃんのマンガ研究所の話が笑えました。

バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス) Book バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)

著者:大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

編集さんの話はフィクションなのかノンフィクションなのかわからん。そこが凄い。
マンガの話も面白いんだけど恋愛面の話も面白い。
サイコーはメールを打ってて朝になってた時の顔がスゴくて笑えた(´▽`)

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

断罪のマリア 感想記Vol.8

「法王庁編」を見ました!感想記も最終回かな。
ウリエル編+ダークネス編後のエピローグの、エンディングはウリエル寄りって感じでした。
これはハッピーエンドで良かった!
いやー法王ザカリアスの若本さん存在感ありすぎっす。
マリアの父親とかクロウ家とウリエルの過去等、本編で描いて欲しかった気もするけどさ。

で、スタッフからのコメントが見れるていうページに飛べるようになったんだけどさ…

「一時的に閉鎖中」

だってーーー!!(゚Д゚)
オイオイ最後の最後にそりゃないぜ…orz
なんか悪意あるアクセスがあったからって書いてあったけど…それに関して花梨のサイトで何もアナウンスされてないのは何故なのだ…。
しっかりしてくれ…!

フルコンプということで感想総括のようなもの。

立ち絵にしてもイベントCGにしても、とにかく絵に統一感が無いのが残念。パッケージの表と裏で日和が違う人に見えますもの…。
イベントCGはキレイだなと思えるものもあったけど、これ明らかに違う人が描いてるな…って分かってしまうんだもんなー
今さらコレを言うのも何ですが、シナリオと原画を同じ人が担当されてたのでどちらか別の人に頼んだ方が良かったんじゃ…と思ってしまいましたよ。

シナリオに関してはウリエルルートがこのゲームの全てって感じ。
もっとエクソシスト組にもその情熱を分けて欲しかったです。

ささいな事ですが、会話ウィンドウの横にキャラの顔がでるのはいらなかったかな、と。その顔もウィンドウ用じゃなくて立ち絵やイベントCGからの絵だったし…。

不満が多めなゲームでしたが、ウリエルルート~法王庁編のグランドフィナーレは良かったんで、そこそこ楽しめました。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

断罪のマリア 感想記Vol.7

今日はダークネス、ウリエルとの話を終わらせましたよ!
あと見逃していた日和とのイベントも見て、シーン回想フルコンプ!

ネタバレ箇所は白文字にて。

ダークネスとの話は一緒にいる時間が短かったわりに随分仲良くなったなぁ、という印象。
しかしダークネスがレノ神父だったとは…むしろウルタド神父に似てるとか思っちゃったんだが(^-^;クラウスの話とか過去話にでてくるレノ神父とは印象が違うような…。
ラストでまさか学校にくるとは思ってなかったのでそこは面白くて良かったかな。

ウリエルとの話はこのゲームの肝なんだろうなーということがヒシヒシ伝わってきましたね。
そういや地獄へ行く話がかなり長くガッツリ描かれてましたよ。ウリエル?の意外な姿も見れたし。
マリアとウリエルが一線を越えそうだったシーンはドキドキしたけど、ちょっとイベントCGが物足りなかったかな。
ラストは他のエクソシスト達と同様にすっごいイチャコラした雰囲気ではなかったけど「良かった」と思えた。
あとイルミナが意外な形で登場して驚きましたよ。
なんか「神は嫉妬深いから…」ってあったけど…だからって相思相愛の2人が結ばれないなんて…神ってば酷い…。

で、見逃してた日和のイベントは雑誌にも掲載されてたマリアが日和を手当てするシーンでした。
その前だったかな?日和の部屋を訪ねていると宗像から電話がかかってくるトコで、マリアが電話にでるよう説得するんだけど、そこのマリアの説得の仕方が優しくていいです。
ラストは「…」だし、いつも痛そうな日和だけど、結構好きかもと気づいた今日この頃です。

全員の話に言えることですが、最終決戦が終わってものすっごいアッサリ日常が戻ってくるのでちょっと拍子抜けしちゃう…。
ウリエルルートでは結構地上が破壊されたっぽいのに背景がそのまんまなのでそこもなんとかして欲しかったかな。

さー全エンドが出揃ったので法王庁編がでました。
が、今日はここまで。明日でフルコンプかなー

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

断罪のマリア 感想記Vol.6

今日はクラウスの攻略に時間を費やしました。

スピリタス隊の面々との話とはかなり違ってたので面白かったですね。
…最後の最後までは…。
最後の話は後でするとして、マリアの幼き日々のことやヘルファイアのアジト最深部での決戦のシーンがガッツリ描かれていて今日は眠気もおきませんでしたよ。

ウリエルとのイベントCGやダークネスもストーリーに絡んできてましたね。
クラウスは幼い頃からマリアを知っているだけに、マリアへの愛は深いなーと感じてたんですがね…何故にあのラスト!
そんでもって肝心な所でイベントCGが無くてがっかりorz
最後の空港で見送る所はイベントCGだすべきだろ…!
で、ラストですよ…心配してた事態になった…ネタバレなので白文字で…
け、結局2人は結ばれなかったー!2人の心が繋がってるってのはすごく伝わるんですがね…宗教上の理由により結ばれないって…これ乙女ゲーじゃん!?やっぱ苦難を乗り越えた2人にはラブラブなハッピーエンドであって欲しかった…。
白文字箇所って携帯から見ると読めなかったよね…携帯から見てる方すみません。

さて後はダークネスとウリエルですね。今週中にフルコンプ目指してがんばろうっと。
ウリエルとの話は一番楽しみにしているので期待を裏切らないで欲しいものです。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »