« ジオと黄金と禁じられた魔法 1 | トップページ | 新選組刃義抄 アサギ 2 »

2009年11月25日 (水)

瑠璃の風に花は流れる 海碧の賢者

瑠璃の風に花は流れる  海碧の賢者 (角川ビーンズ文庫) Book 瑠璃の風に花は流れる 海碧の賢者 (角川ビーンズ文庫)

著者:槇 ありさ
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2ヶ月近く読まずに放置してましたが、今日1日で読み終えたぞ。

ついに朱根と黒嶺の歴史にまつわる謎が明らかに?!とか思ってたのに、いい所で次巻へ続く!ってな感じで終わってしまったので、なんとももどかしかったな。
バーンと秘密を打ち明けて続く!の方が読者はワクワクする気がするんだけどなー
緋奈が芦琉のために奔走する所はかなりの駆け足で進んだ印象。
作者さんの早く芦琉を目覚めさせたい!という思いがヒシヒシと伝わってくるようでした。
そういえば冒頭の水稀に純粋ゆえの恐怖みたいのを感じたので、今後の動向が気になるところです。

|

« ジオと黄金と禁じられた魔法 1 | トップページ | 新選組刃義抄 アサギ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/32359426

この記事へのトラックバック一覧です: 瑠璃の風に花は流れる 海碧の賢者:

« ジオと黄金と禁じられた魔法 1 | トップページ | 新選組刃義抄 アサギ 2 »