« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の17件の記事

2010年2月28日 (日)

黎明のアルカナ 3

黎明のアルカナ / 3 (フラワーコミックス) Book 黎明のアルカナ / 3 (フラワーコミックス)

著者:藤間 麗
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

髪を黒く染められそうになったナカバは髪を自ら切り、ショートヘアになってしまいました。
その直前にはシーザもナカバへの思いから髪を切ってしまいました。でもこのことがきっかけでさらにナカバとシーザの距離は縮まりました。

そして「刻のアルカナ」の能力の事を知るアーキルが登場しました。
アーキルは女性が苦手なようですが、能力のことを知るとナカバに接近。

着実にシーザとの仲は深まっていっていますが、ロキとの仲はどうなってしまうのか非常に気になります…。ロキにも幸せになって欲しいなあ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

Aventura 5

Aventura 5 (シリウスコミックス) Book Aventura 5 (シリウスコミックス)

著者:翠川 しん
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クォルファ先生の表紙が美しい~
ついに「クリス編」が完結。
現れたミーミルを偽者であると見破ったり、クリスの為に泣いているルーウィンの真っ直ぐで純粋な瞳が印象的でした。
この「クリス編」は色々な絆の形を見せてくれた章だったな、と思いました。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

将国のアルタイル 6

将国のアルタイル 6 (シリウスコミックス) Book 将国のアルタイル 6 (シリウスコミックス)

著者:カトウ コトノ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

4将国内に内乱を引き起こさせるという密命を受け行動をするマフムート達。
もう色んな人達の思惑が絡まりまくってきまして、予想がつかない展開が続いております。

でも、まあ6巻での1番の予想外はマフの女装でしたけどね。か、可愛いし…腰細!

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

絶園のテンペスト 1

絶園のテンペスト 1 (ガンガンコミックス) Book 絶園のテンペスト 1 (ガンガンコミックス)

著者:城平 京,左 有秀,彩崎 廉
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「スパイラル」シリーズ等を手がけた城平京氏の原作によるもの。
作画担当の方の絵はどっかで見たような…ちょっとオリジナリティーがないかな?という印象。綺麗な絵なんですけどね。
日本名を名乗る人物が「魔法使い」というのがなんだか違和感。私の頭の中で魔法使い=西洋ファンタジーの中の人物、という意識があるからかもしれませんが。
難癖つけてしまいましたが、最後の潤一郎の葉風に対する衝撃の一言があったので次巻も買ってしまうかも。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

ばらかもん 2

ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE) Book ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE)

著者:ヨシノ サツキ
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2巻で印象的だったのは、自分は腐女子ではない!と葛藤するタマちゃんの様子。
その後清舟とヒロの仲を誤解してしまったり、さらに清舟もタマちゃんがヒロのことを好きなのか…?と勘違いの連鎖が起きていくのが面白かったです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

花の道は嵐の道

花の道は嵐の道―タマの猫又相談所 (TEENS’ ENTERTAINMENT) Book 花の道は嵐の道―タマの猫又相談所 (TEENS’ ENTERTAINMENT)

著者:天野 頌子
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

密林をウロついていたら面白そうだったので買ってみました。
若年向けの本なのでサラっと読めます。
花道部にやむ得ず入部した草薙理生(みちお)少年が茶道部と和室を賭けてのイザコザに巻き込まれていくお話。

花道の家元の家に生まれた理生がメインで登場するのですが、語り手は草薙家の飼い猫にして実は猫又というタマが務めているのが面白いです。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、最終的に理生→工藤→瀬川→白川という関係図が出来上がることになろうとは思わなかったなぁ。
白川部長には最後凄く驚かされましたし。

最後が急ぎ足で終わってしまった感があったのと、も少し花道部っぽく終わらせたらよかったかな?とも思いましたが、爽やかな読後感はあったので良かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

2巻!

日本人の知らない日本語2 Book 日本人の知らない日本語2

著者:蛇蔵,海野凪子
販売元:メディアファクトリー
発売日:2010/02/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

勉強になるし、笑えるしで2巻も大満足でした。
特に「ゲームで覚えた日本語」と「オミヤーゲ」には爆笑。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

ビーズログ 4月号

B's-LOG ( ビーズログ ) 2010年 04月号 [雑誌] Book B's-LOG ( ビーズログ ) 2010年 04月号 [雑誌]

販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コルダ3の爽やかな表紙が目印。
今月号は新作の声優さん発表が多かったなあ。

「GS3」は女の子キャラのみよちゃんが可愛い!ので興味が湧いてきました。興味の湧くポイントがズレている気がするが。
でもGSって友人と男の子を巡ってのライバル関係になったりするから面倒くさいんだよな…3ではどうなるんでしょう。

「薄桜鬼」がPS3に移植とな。ついに乙女ゲーも次世代機参戦ですかー。

「スカーレッドライダーゼクス」はメディア未定でしたがPS2でのゲーム化が決定。付録の冊子も付いてて、力入ってますな。
サブスタンスとレゾナンスしたしたヨウスケの姿を見ると作品の雰囲気としてはちょっと変身ヒーローモノのようだ。
サブスタンスのデザインがカッコ良いので気になってきましたよ。
現時点での発売予定は今夏となっています。

オトメイト新作情報は「猛獣使いと王子様」だそうでPS2で6月発売予定。
キャラデザが「プティフール」と「アルコバレーノ」のmiko氏です。ファンタジックな世界観にもマッチする絵柄ですね。

「二世の契り」は新キャラが2名登場。
ヒゲの人とオッサンキャラで盛り上がってきました。
小島が攻略キャラな事に驚きですが、これで政虎が攻略できないとかそういう展開がありそうで恐いぞオトメイト。政虎はいのまたさんデザインじゃないしなぁ…。

「デザート・キングダム」は5月発売予定。オトメイトはホントにゲーム発売のスパンが短いよな…って私オトメイトの新作が発表される度にこれ言ってるけど。

「絶対迷宮グリム」と「カエル畑DEつかまえて」が共に4月28日発売予定で困った事に!
さてどちらを取りますか…。まだ結論でず。

「雅恋」は胸元の肌蹴具合と衿が気になる葦屋道満が登場。
早く発売予定日が発表されないかなー

結局積みっぱなしの「ガーネット・クレイドル」ですが、原画家さんの手で漫画化されるそうですよ。
これビーズログには載ってない情報なんですが一応書いておきます。

来月に発売が迫った「三国恋戦記」はモサ通とのコラボが良かったな。花ちゃんが可愛かったです。

「メモリーズ」と「ツンデレS乙女」…前から気になってたけど、小野瀬と奈木って何であんなにソックリなんでしょう…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

結界師 28+ジオと黄金と禁じられた魔法 2

結界師 / 28 (少年サンデーコミックス) Book 結界師 / 28 (少年サンデーコミックス)

著者:田辺 イエロウ
販売元:小学館
発売日:2010/02/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんだかダークな雰囲気の良守が表紙。
話が込み入ってきて感想が書きづらくなってきたなぁ。
無想の完成形として対に良守の管理者ができました。ケーキの形じゃない!と閃も驚いてます。表紙のしましまが管理者のしぐま。

ジオと黄金と禁じられた魔法(2) ジオと黄金と禁じられた魔法(2)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

相変わらずファンタジー児童文学のような展開。
ジオ、リィンとお子様2人連れになったサザはすっかりいいお兄さんのような保護者のような感じですな。
ジオが何気なく思った(なんかオレの知ってる地図と違う)というのがジオが何者であるかという秘密に通じているような気がしないでもない。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

二の姫の物語(小説)

二の姫の物語 / 小説オリジナルストーリー (フラワーコミックス〔スペシャル) Book 二の姫の物語 / 小説オリジナルストーリー (フラワーコミックス〔スペシャル)

著者:深山 くのえ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本のサイズがマンガ版の単行本と同じでプチビックリ。
名作読みきりマンガのノベライズです。
「小説感想」に分類していますがまだ読了してないので、読んだら追々追記します。

挿絵は単行本からの抜粋と描き下ろしが数点。
私はあとがきを先に読んでしまうタイプなのですが、ノベライズ担当者さんのあとがきによると、小説版のラストはマンガ版と変えてあるそうです。
どういう結末になっているのか楽しみです(^-^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

Dの魔王 1

Dの魔王 1 (ビッグコミックス) Book Dの魔王 1 (ビッグコミックス)

著者:柳 広司,霜月 かよ子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ある雑誌で原作者さんの特集がやっていて、原作の「ジョーカー・ゲーム」がスパイ養成組織の話というのがとても面白そうだったので続刊と合わせて購入し、さらにマンガ化されていたので、買ってみました。

原作の2話目まで読んでいた時に買ったのですが、1巻の内容が原作の2話目までの収録だったのでちょうど良かったです。
原作の雰囲気を壊さない非常に良質なマンガ化作品だと思います。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

3月のマンガ購入予定

3月に購入予定のマンガを調べました。

 4日  ONE PIECE 57
 〃   NARUTO 50
 〃   バクマン。 7
 〃   バーテンダー 16
10日  暁の闇 4
12日  信長協奏曲 2
19日  DOGS 5
24日  おとめ妖怪ざくろ 4
27日  戦国BASARA(アニメ版) 1
30日  Dの魔王 2
下旬   ひねもすハトちゃん
 〃   株式会社戦国 2

4日は購入してるジャンプの単行本が一気にでるな。
27日のBASARAはよくアンソロでマンガを描かれていた作家さんによるマンガ化なので楽しみです。
下旬の「ひねもすハトちゃん」は久世番子さんによる作品。いつものエッセイコミックのようではないようなので、本屋で購入を決めようかなと思っています。
同じく下旬の「株式会社戦国」は戦国ブームに乗っかった感のあったアンソロの続編のようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

骨声物語+天叢剣+せんがく 1

マッグガーデン祭り。
ハズレなしで全部面白かったです(^-^)

骨声物語 (BLADE COMICS) Book 骨声物語 (BLADE COMICS)

著者:昭沢真槻
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

HPにて試し読みをして和な雰囲気に惹かれて購入。
「死者の声が聞ける」というよくある設定だとは思いますが、時代設定が戦国の前後くらいなのがいい味だしてると思います。
骸骨から死者の声を聞く人のことを髑髏法師と呼ぶのも素敵。
紅姫は無念の死を遂げたにもかかわらず、可愛らしい一面があったりして意外なキャラなのが良かったです。
女の子がもっと可愛く描けてると良いかなーと思いましたが、今後に期待の作家さんです。

天叢雲 (BLADE COMICS) Book 天叢雲 (BLADE COMICS)

著者:風庭ルスイ,軍曹ペン銀
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻数が書かれていないので、読みきりコミックなのでしょうか。読みきりならばそのことが勿体無いと思うくらい良かったです。

日本神話をモチーフにした設定が魅力的。
昔から続く因縁とかわくわくします。
主人公大蛇は見た目は可愛らしい少年ですが、どこか達観したような感じなのが良いですし、大蛇と一緒に行動する朱女の世間知らずな言動が可愛くて一押しのキャラです。
そんな朱女は敵との戦闘になるとダイナミックな戦い方をするのも良かったな。
大蛇の両親(特に父親)の事など謎のまま終わってしまったのは残念ですが「もっと読みたい!」と思わせる作者の作戦かもしれません。
マッグガーデンの作品って女性向けな感じですけど、この作品は一般少年誌でもイケるんじゃないかなーと思えるものでした。

せんがく(1) (BLADE COMICS) Book せんがく(1) (BLADE COMICS)

著者:木乃ひのき,日日日
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ただ戦国武将を学園パロディにしたものと侮っていましたが、意外と面白かったです。
シナリオ担当者さんがラノベの作家さんでもあるので、武将の名を冠する個性的なキャラクターが非常に活き活きと個性的に描かれています。
今川先生はスカート丈のチェックのしかたが明らかにセクハラだったり、ものすごい傲慢な態度が目立ったりして、これが教師でいいのかよ…と突っ込まずにはいられませんでしたが。
女性なのに名前はそのまんま武将なのには若干違和感ありますが、明智光秀がまさかの女性教師で、今後信長とどうなるのか気になりました。
歴史上の武将を知っているからこそ今後がキニナル…という楽しみもあるかと思います。
主人公の女子高生秀吉の友達?協力者?なハンベエが携帯電話でのやりとりのみの登場だったので性別含めてどんな人なのか楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

ぬらりひょんの孫 9

ぬらりひょんの孫  9 (ジャンプコミックス) Book ぬらりひょんの孫 9 (ジャンプコミックス)

著者:椎橋 寛
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リクオの遠野での修行編と動き出した羽衣狐の様子を収録。
遠野の雪女・冷麗が可愛いな。ピンクの髪におだんご2つで。
遠野の面々もリクオを助ける為に奴良組に来ましたけど、冷麗とつららは雪女同士で被ってるけど、つららの活躍はあるのかなぁ。

そういえば京都のお寺の名前が独自のものになっていたけど、実名はマズいものなんでしょうかね。羽衣狐達が襲うからか…?

夜の女版あまのじゃくが風呂に登場したシーンは本誌ではどうだったんでしょうか。
コレって単行本修正入ってるのかな…と気になりました(笑)

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

休日を満喫した

新しい就職先は帰宅途中に本屋に寄りづらいので、新刊が発売日に買えない日々が続いております…(;д;)
ぬら孫の新刊もまだ買えていません…コンビニに置いてくんないかなぁ。

今日は友人に薦められたマジック・・ギャザリングを買いました。
はっきり言って難しい!
遊びながら覚えるしかなさそうです。
友人から指導を受けながらやりましたが…実に奥が深いものだということはなんとなく分かりました。
今は新しい仕事でも覚えることが山盛りなので、マジックは追々覚えるよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

トリッキーズ 1

TRICKYS 1 (ジュディーコミックス クリエ) Book TRICKYS 1 (ジュディーコミックス クリエ)

著者:新井 サチ
販売元:小学館クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この作品がまさか復刊されるとは思っていなかったので嬉しかったです(´∀`)
このマンガ、私個人的には良くまとまっていてかなり名作だと思っているので、スクエニから発行された単行本が今でも本棚にある程です。
当時は全4巻でしたが、復刻版は2巻に分けての発行なので1冊あたりがかなりブ厚く、読み応えがあります。
描きおろしはカバーとあとがき程度で、本文は当時のままで手を加えてないそうです。

都会のなんでも屋さんな3人が実は元暗殺組織の一員だったという設定がとてもツボ。
特に一成は普段気のいいおにーさんって感じなのに、いざという時のアクションのキレの良さがカッコいい。

何気なく作者さんの事をネット検索してみたら今はBLマンガ描きに転進されてたのには驚きましたよ。また一般向けの作品も描いてほしいものです。
あとせっかくの復刊なんで口絵だけじゃなくてマンガのカラー部分も載せてほしかったなぁと思いました。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

戦国戯画

戦国戯画〜戦国武将4コマ&ショートアンソロジー 戦国戯画〜戦国武将4コマ&ショートアンソロジー

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

たまたま本屋さんで見かけたのですが、以前学研から発行された「戦国“漢”絵巻」でイラストを描かれていた方々が今度は漫画を描かれていたので買ってみました。
しかし表紙の二人はバサラっぽすぎるのでもうちょっとアレンジしてほしかったかな…。

今年は幕末ブームな予感ですけど、戦国ブームが続いて色んな本がでるといいなあ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »