« 三国恋戦記 感想記其之二 | トップページ | 殿といっしょOVA+足軽ダンス »

2010年3月24日 (水)

三国恋戦記 感想記其之三

玄徳攻略を目指していたはずなのに、たどり着いたエンディングは公瑾だったという。

でも公瑾良かったです。
ちょっと冷たい態度なんですけど、それにはちゃんと裏づけされた理由があって心の内に触れていくうちに惹かれていく様子が丁寧に描かれていて感動しました。
開眼した時がまたカッコいいんだな。

続いて本来の目的であった玄徳攻略に成功したのですが、これまた良くて大満足です。
恋に悩む主人公に共感できましたし、一緒に恋バナをしてる芙蓉姫も可愛かったな。

そういえば尚香の声が意外と可愛い感じでした。武芸をたしなむとか言うからもっとツンとした声かと思ったけどね。
個人的に(はファンタジックチルドレンの)「ソレトォォ!」と思っていました。
分かる人だけ分かってくだされ。話が逸れました。

玄徳とは子供絡みのイベントが多くて微笑ましかったです。
後半は「あーもう早くっついちまえよお前ら!」とやきもきしたけどね。
こちらも感動続きでした。
エンディングではイベントの裏話というか補完がされててさらに感動が増すし、エンドロールが飽きない創りでこちらも満足しました。

悔やまれるのはメーカー通販を利用しなかったこと…嗚呼っ設定資料集つきが欲しい…!
ひょっとしたらメーカー通販で再度買っちゃうかもしれない…駄目なお金の使い方!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 三国恋戦記 感想記其之二 | トップページ | 殿といっしょOVA+足軽ダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/33923246

この記事へのトラックバック一覧です: 三国恋戦記 感想記其之三:

« 三国恋戦記 感想記其之二 | トップページ | 殿といっしょOVA+足軽ダンス »