« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の12件の記事

2010年4月30日 (金)

瑠璃の風に花は流れる 茜の継承者

瑠璃の風に花は流れる 茜の継承者 (角川ビーンズ文庫) Book 瑠璃の風に花は流れる 茜の継承者 (角川ビーンズ文庫)

著者:槇 ありさ
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

瑠璃花も早いものでもう9巻目ですね。

ああ~もう!この巻でもまた隠された歴史が明らかにならなかった…!
核心に迫る事は匂わせてるんですがね。
ものすご~くもどかしいのであまり引っ張らないで欲しいものです。
この巻では芦琉と水稀の変化が印象的でした。
特に芦琉は緋奈に対して声を荒げるなんて考えられない事だったので驚きました。
芦琉を取り巻く「闇」って一体なんなんだ…?

紫洞の遺跡でのダンジョン探索みたいな場面はワクワクして面白かったです。
相変わらず緋奈は潜入が好きだけど、深波にはアッサリ見破られちゃうのね。

あと今回、鍔樹と芙蓉が挿絵初登場でした。
鍔樹が意外な容姿でだったな。もっとごつい感じかと思ったけど。そういうごつい人は瑠璃花界にはあまりいないよね…。皆美丈夫って感じだし。
ま、少女小説ですからいなくてもいいのか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

三国恋戦記 感想記其之九

CGコンプしておまけCGも見ることができました!
最後のおまけCGはにぎやかで微笑ましかったな~

というわけで「三国恋戦記」もフルコンプしましたよ。
いやーホント良作でしたよこのゲーム。
どっぷりはまってしまいました。
三国志にまで興味を抱かせてくれましたし!関連書籍を買い漁ってしまった。

そして公式HPの方で初回版の生産終了の情報を目にして、ついうっかり初回版購入しちゃったよ…設定資料欲しさに!
我ながら阿呆だとは思いますけどね。それ程このゲームが素晴らしかったという事で!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

オタクホスト桜木玲音の奇跡

オタクホスト桜木玲音の奇跡 (幻狼ファンタジアノベルス) Book オタクホスト桜木玲音の奇跡 (幻狼ファンタジアノベルス)

著者:佐々木 禎子
販売元:幻冬舎コミックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近継続して読んでいる小説の続刊が一気にどどっと出たので読むのが追いつかないんだぜ。
というワケで、こつこつ読みましたオタクホストシリーズ2巻目!

今回もトラブルが向こうからやってきてしまった玲音。
相変わらずなメンバーに加えて舞子が拾ってしまった小山内も加わって、騒動の結末はどうなることやら…と目が離せなかったぞ。
この巻ではそれぞれのキャラが前回より一掃際立ってきた…というか濃くなったように思います。
玲音は相変わらず愛すべきヘタレなんだけど。
薫子が初めて発言したのには驚いたなー何が起きようともパソコンで会話すると思ってたから。
みどりの腐女子という肩書きを生かしたヤクザ撃退方は笑えた。みどりは華麗な(?)ドライビングテクニックも披露してたし、活躍してたな~と思いました。

それ犯罪じゃね?な場面がチラホラあるのですが、まぁこれはチームオタクのご愛嬌といったところでしょうかね。

あとなんかこの巻では誤字脱字が多く見られました。ジェットスーターって!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

スクエニ戦国アンソロ+当世幻想博物誌 1

戦国アンソロジー関ケ原-WEST BLUE-(西軍) (ガンガンコミックスアンソロジー) Book 戦国アンソロジー関ケ原-WEST BLUE-(西軍) (ガンガンコミックスアンソロジー)

著者:、
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戦国アンソロジー関ケ原-EAST RED-(東軍) (ガンガンコミックスアンソロジー) Book 戦国アンソロジー関ケ原-EAST RED-(東軍) (ガンガンコミックスアンソロジー)

著者:、
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スクエニが送る戦国アンソロ第3弾(だと思う)は関ヶ原がテーマです。
結構楽しみにしてたんですけど、イマイチだったかな…
でも戦国アンソロの常連、松下朋未さんとおやまだみむさんのマンガは楽しかったです。
特に松下さんの方は最後の見開きが良かったな。
あえて後ろ向いてて顔が見えない小早川が気になりましたよ。

当世幻想博物誌 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Book 当世幻想博物誌 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者:片山 愁
販売元:一迅社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レトロな雰囲気に惹かれて買ってみました。
ミステリアスな空気が漂う作品です。話の流れも不思議な感じなんですけど、登場人物もまた謎めいていてそこが魅力的だと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

5月のマンガ購入予定

5月の購入予定マンガ数はかなり少ないな…と思っていたらジャンプ系がGWの関係で前倒しになってるからか。

10日  猫絵十兵衛 3
12日  よしとおさま! 2
18日  ジオと黄金と禁じられた魔法 3
 〃   結界師 29
21日  聖☆おにいさん 5

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

声優かっ! 2

 声優かっ!   2 声優かっ!   2
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

画像が小さめですが、この次の大きさだと異様にでかくなってしまうのでこの大きさで…。

2巻は意外な展開が続いて面白かったです。
AQUAのとりまきのリーダーだった梅との交流が心温まりました。
高柳の男っぷりもよかったなぁ。
もう高柳×梅でいいじゃないか!と思った。
梅とおちこぼれ組がだんだん仲良くなってく様子が良かったです。
月乃ちゃんは姫至上主義かつ呪いのパワーが増している気がする!

いつも元気で逆境にも負けない姫ですが、母親との確執があったなんて…
後半から登場の遥Pと指きりするシーンではまさか遥Pとフラグ立った?!と思ってしまいました。
遥Pの提案した「男になれ」はびっくり。
面白そうな展開になりそうだな~次巻も楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

ビーズログ 6月号

B's-LOG (ビーズログ) 2010年 06月号 [雑誌] Book B's-LOG (ビーズログ) 2010年 06月号 [雑誌]

販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ビズログがリニューアルされて電撃GSと同じサイズになりましたね。
今号は驚きがたくさんありました。

表紙&巻頭はヘタリアのゲーム化特集。
でも何故オトメイトとタッグを組むんだ。
学園パロディ?な感じになるそうですねー主人公のセーシェルは原作にもでているんですね。個人的には主人公はオリジナルでも良かったような。
ヘタリアは投げてしまいましたが発売時期に他にやりたい乙女ゲーがなければやってみたいなぁ。

薄桜鬼のファンディスク、S.Y.KもPSP化ですか。
ワンドもPSPででるし、PS2からPSP化へのスパンが短くて最初っからPSPで出そうぜ、と思ってしまうよ。

新ブランドによる新作18禁乙女ゲーが2作発表。
「黒と金の開かない鍵。」はイラストが由良氏にすごく似ているけど別人なのかな。
こちらはあまり食指が動かず。

ファンタジックな世界観が素敵な「つばさの丘の姫王」は主人公が気の強そうな女領主様だな~と思ったら10代とな…驚き。
執事陣が大変魅力的なので今から楽しみな作品です。

8月発売予定のオトメイトの新作は原画担当の方が「蒼天の彼方」の絵師さんですね。
戦争×恋がテーマのようで、もの凄く壮大な世界観ですねぇ。
男性キャラは軍服萌えの方には堪らん感じですな。

「スカーレッドライダー ゼクス」は新規イベントCGが掲載。
ゲームシステムやサブキャラも公開になりました。
航空艦のクルー達がさりげなくカッコ可愛い。あの名字は古い地名からとられているのだろうか…。
人類の敵が意外にも人間の姿で驚きました。

「二世の契り」は政虎の甲冑姿でない普段着姿が公開されましたが、随分印象が違うなー
敵キャラ(?)の千両のマロ眉が可愛いです。

「雅恋」はちょっと前にキャスト公開になってましたが、源信役の井上さんがハマリ役すぎて今から楽しみなんだぜ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

三国恋戦記 感想記其之八

子龍、孔明、孟徳のエンディングを見ました!
ようやく全キャラ制覇ですよ。

まずは子龍。
なんだか主人公の肌の露出度が多かったような。
エンドロールの流れ方が他のキャラと違ったので驚きました。もしかして悲恋な方向に行くのかと思ってしまったじゃないか。
途中から「子龍くん」呼びなのが可愛かったなーと思いました。

続いて孔明。
終盤のちょっと突き放した感じがまた良かったです。
過去からのことがあるので主人公との絆を他のキャラより強く感じました。
軍師姿で玄徳の隣に並んでいるCGがいつもの飄々とした感じと印象違ってカッコよくてお気に入りです。

最後に孟徳。
やーこの人は最後にもってきてよかったわー
序盤から甘めな雰囲気なのがいいのですが、後半の濃い展開が面白くて途中でやめられなかったもの。
本には昔話が書いてあると嘘をついて孟徳に桃太郎を読み聞かせているシーンでの、流れてきた桃のサイズが「長江の半分くらい」には孟徳、よく笑うの我慢したな!と思いました。
孟徳vs玄徳のCGは孟徳の悪役顔がとてもステキでした。
あとやっぱり元譲は攻略キャラにすべきだったと思うんだぜ!

今ここで呟くのも何なんですが、このゲームのイベントCGのキスシーンって何故かくっついてる唇が隠れるように描かれているんですよねー
他のイベントシーンでは普通に主人公の顔がでてるんだからそこは隠さなくてもいいのになぁ…と思ってしまいましたよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

三国恋戦記 感想記其之七

隠しキャラこと早安と翼徳をクリアしました~

早安は出生のこともあってクールなキャラだったので、糖度は低めだったかな。
でも最終的には主人公と出会えてよかったね!と思えて感動しました。
あと公瑾が悪役(?)に回っててそちらにもキュンとしてしまいましたわ。

翼徳ルートはとにかくほっこり温かい気持ちになれました!
とにかく翼徳がでかい図体しつつも子供なところが可愛いくて可愛いくて!
泣き顔が可愛いと思える男性キャラなんて久々に出会ったなぁ。
主人公の家族の話を聞きたがる所とかも良かったです。
夜の顔な翼徳も普段とのギャップがあって面白かったわ。

雲長兄いもちゃんと「お兄ちゃん」って感じなのが微笑ましかったよ。
立ち絵で雲長の後ろに翼徳が隠れきれてないとこも可愛かったです。

次は子龍を攻略。
彼もクールな子なので主人公との関係がどう変化していくのが楽しみです。
あとなんか本格的に三国志に興味を持ち始めてしまったので、2周目がより楽しくできそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

おとめ妖怪ざくろ 4

おとめ妖怪ざくろ 4 (バーズコミックス) Book おとめ妖怪ざくろ 4 (バーズコミックス)

著者:星野 リリィ
販売元:幻冬舎コミックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

帯に「アニメ化」の文字があり驚きましたよ。
詳細はまだよく分かりませんけど、とりあえずおめでとう!

さて、本編の方はようやく黒幕のお出ましのようです。
意外な人物でビックリ。
しかしなんか色気のある展開になってきたなぁ…。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

三国恋戦記 其之六

久しぶりに遊びましたー
今日は文若のエンディングを見ましたよ。
今まで攻略したキャラの中で比べるとかなり糖度が低めかな~と思いましたね。
それでも文若の真面目すぎるほど真面目な性格には好感が持てましたし、本に書いてあった最期が変わって本当に良かった!と心から思えました。

ある場面で文若、主人公、元譲の3人で「……」となる場面にはニヤニヤでしたし。元譲いい所に入ってきたな!みたいな。

あと、なんかホント元譲も攻略対象で良かったのになーと思ったわ。

さてやっと5人攻略終了。
次は誰にしましょうかね…。そろそろ隠しキャラでもいっときますか。
今の所決攻略順は、隠し→翼徳→子龍→孔明→孟徳
で行こうと思っています。孟徳は甘い展開になってくれそうな予感がするので最後にとっておく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

建安マエストロ! 1

魏志 文帝紀 建安マエストロ!1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) Book 魏志 文帝紀 建安マエストロ!1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

著者:中島三千恒
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前、この方の描かれた赤壁をテーマにした作品を読んだことがあるのですが、その時は三国志の「さ」の字も知らなかったので、サラっと読んで終わりにしてしまいました。
ですが今は乙女ゲーのおかげで多少理解はできてきたので、この曹操の息子を主人公にした作品は楽しめました!

登場人物のデザインが親しみ易くて良いですね。
初登場時はのらりくらりとしていたけどその後はちゃんと政治のことも考えて曹丕に仕えている司馬い(漢字が難しいので…)が好きです。
今後は曹丕と曹植の政治的対立がどう起こっていくのか楽しみです。
曹植はこれからどんどん黒い子になっちゃうのかなー

それにしてもちょろっとパソコンやる間はあっても「三国恋戦記」やってるヒマがないわ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »