« 三国恋戦記 感想記其之七 | トップページ | ビーズログ 6月号 »

2010年4月17日 (土)

三国恋戦記 感想記其之八

子龍、孔明、孟徳のエンディングを見ました!
ようやく全キャラ制覇ですよ。

まずは子龍。
なんだか主人公の肌の露出度が多かったような。
エンドロールの流れ方が他のキャラと違ったので驚きました。もしかして悲恋な方向に行くのかと思ってしまったじゃないか。
途中から「子龍くん」呼びなのが可愛かったなーと思いました。

続いて孔明。
終盤のちょっと突き放した感じがまた良かったです。
過去からのことがあるので主人公との絆を他のキャラより強く感じました。
軍師姿で玄徳の隣に並んでいるCGがいつもの飄々とした感じと印象違ってカッコよくてお気に入りです。

最後に孟徳。
やーこの人は最後にもってきてよかったわー
序盤から甘めな雰囲気なのがいいのですが、後半の濃い展開が面白くて途中でやめられなかったもの。
本には昔話が書いてあると嘘をついて孟徳に桃太郎を読み聞かせているシーンでの、流れてきた桃のサイズが「長江の半分くらい」には孟徳、よく笑うの我慢したな!と思いました。
孟徳vs玄徳のCGは孟徳の悪役顔がとてもステキでした。
あとやっぱり元譲は攻略キャラにすべきだったと思うんだぜ!

今ここで呟くのも何なんですが、このゲームのイベントCGのキスシーンって何故かくっついてる唇が隠れるように描かれているんですよねー
他のイベントシーンでは普通に主人公の顔がでてるんだからそこは隠さなくてもいいのになぁ…と思ってしまいましたよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 三国恋戦記 感想記其之七 | トップページ | ビーズログ 6月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70241/34267289

この記事へのトラックバック一覧です: 三国恋戦記 感想記其之八:

« 三国恋戦記 感想記其之七 | トップページ | ビーズログ 6月号 »