カテゴリー「その他マンガ感想」の93件の記事

2010年4月25日 (日)

スクエニ戦国アンソロ+当世幻想博物誌 1

戦国アンソロジー関ケ原-WEST BLUE-(西軍) (ガンガンコミックスアンソロジー) Book 戦国アンソロジー関ケ原-WEST BLUE-(西軍) (ガンガンコミックスアンソロジー)

著者:、
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戦国アンソロジー関ケ原-EAST RED-(東軍) (ガンガンコミックスアンソロジー) Book 戦国アンソロジー関ケ原-EAST RED-(東軍) (ガンガンコミックスアンソロジー)

著者:、
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スクエニが送る戦国アンソロ第3弾(だと思う)は関ヶ原がテーマです。
結構楽しみにしてたんですけど、イマイチだったかな…
でも戦国アンソロの常連、松下朋未さんとおやまだみむさんのマンガは楽しかったです。
特に松下さんの方は最後の見開きが良かったな。
あえて後ろ向いてて顔が見えない小早川が気になりましたよ。

当世幻想博物誌 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Book 当世幻想博物誌 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

著者:片山 愁
販売元:一迅社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レトロな雰囲気に惹かれて買ってみました。
ミステリアスな空気が漂う作品です。話の流れも不思議な感じなんですけど、登場人物もまた謎めいていてそこが魅力的だと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

おとめ妖怪ざくろ 4

おとめ妖怪ざくろ 4 (バーズコミックス) Book おとめ妖怪ざくろ 4 (バーズコミックス)

著者:星野 リリィ
販売元:幻冬舎コミックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

帯に「アニメ化」の文字があり驚きましたよ。
詳細はまだよく分かりませんけど、とりあえずおめでとう!

さて、本編の方はようやく黒幕のお出ましのようです。
意外な人物でビックリ。
しかしなんか色気のある展開になってきたなぁ…。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

建安マエストロ! 1

魏志 文帝紀 建安マエストロ!1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) Book 魏志 文帝紀 建安マエストロ!1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

著者:中島三千恒
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前、この方の描かれた赤壁をテーマにした作品を読んだことがあるのですが、その時は三国志の「さ」の字も知らなかったので、サラっと読んで終わりにしてしまいました。
ですが今は乙女ゲーのおかげで多少理解はできてきたので、この曹操の息子を主人公にした作品は楽しめました!

登場人物のデザインが親しみ易くて良いですね。
初登場時はのらりくらりとしていたけどその後はちゃんと政治のことも考えて曹丕に仕えている司馬い(漢字が難しいので…)が好きです。
今後は曹丕と曹植の政治的対立がどう起こっていくのか楽しみです。
曹植はこれからどんどん黒い子になっちゃうのかなー

それにしてもちょろっとパソコンやる間はあっても「三国恋戦記」やってるヒマがないわ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

トリッキーズ 2(完)

TRICKYS 2 (ジュディーコミックス クリエ) Book TRICKYS 2 (ジュディーコミックス クリエ)

著者:新井 サチ
販売元:小学館クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

復刻版第2巻です。
後日談の描きおろしマンガが4ページあって嬉しかったなぁ。
作者さんがBL作家さんなので、描きおろしマンガにソレっぽい雰囲気が漂っているような気が致しました。
王子を護衛する話は読後感が良くて好きなお話です。
トリッキーズの過去からラストに向けての流れは卯月の事もあって切ないのですが、最終的にはハッピーエンドで終わってくれるのでとても感動しました。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

あたしンち公式ファンブック

あたしンち公式ファンブック Book あたしンち公式ファンブック

著者:原作:けらえいこ
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

単行本未収録のマンガが載っているという事なので買ってしまいました。
マンガ単行本に登場キャラの紹介からアニメの声優さんへのインタビューも載っていますよ。
もちろん作者さんのインタビューも載っています。しかし色塗りは主にけらさんの旦那さんの仕事だったとは驚きでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

Dの魔王 1

Dの魔王 1 (ビッグコミックス) Book Dの魔王 1 (ビッグコミックス)

著者:柳 広司,霜月 かよ子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ある雑誌で原作者さんの特集がやっていて、原作の「ジョーカー・ゲーム」がスパイ養成組織の話というのがとても面白そうだったので続刊と合わせて購入し、さらにマンガ化されていたので、買ってみました。

原作の2話目まで読んでいた時に買ったのですが、1巻の内容が原作の2話目までの収録だったのでちょうど良かったです。
原作の雰囲気を壊さない非常に良質なマンガ化作品だと思います。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

骨声物語+天叢剣+せんがく 1

マッグガーデン祭り。
ハズレなしで全部面白かったです(^-^)

骨声物語 (BLADE COMICS) Book 骨声物語 (BLADE COMICS)

著者:昭沢真槻
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

HPにて試し読みをして和な雰囲気に惹かれて購入。
「死者の声が聞ける」というよくある設定だとは思いますが、時代設定が戦国の前後くらいなのがいい味だしてると思います。
骸骨から死者の声を聞く人のことを髑髏法師と呼ぶのも素敵。
紅姫は無念の死を遂げたにもかかわらず、可愛らしい一面があったりして意外なキャラなのが良かったです。
女の子がもっと可愛く描けてると良いかなーと思いましたが、今後に期待の作家さんです。

天叢雲 (BLADE COMICS) Book 天叢雲 (BLADE COMICS)

著者:風庭ルスイ,軍曹ペン銀
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻数が書かれていないので、読みきりコミックなのでしょうか。読みきりならばそのことが勿体無いと思うくらい良かったです。

日本神話をモチーフにした設定が魅力的。
昔から続く因縁とかわくわくします。
主人公大蛇は見た目は可愛らしい少年ですが、どこか達観したような感じなのが良いですし、大蛇と一緒に行動する朱女の世間知らずな言動が可愛くて一押しのキャラです。
そんな朱女は敵との戦闘になるとダイナミックな戦い方をするのも良かったな。
大蛇の両親(特に父親)の事など謎のまま終わってしまったのは残念ですが「もっと読みたい!」と思わせる作者の作戦かもしれません。
マッグガーデンの作品って女性向けな感じですけど、この作品は一般少年誌でもイケるんじゃないかなーと思えるものでした。

せんがく(1) (BLADE COMICS) Book せんがく(1) (BLADE COMICS)

著者:木乃ひのき,日日日
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ただ戦国武将を学園パロディにしたものと侮っていましたが、意外と面白かったです。
シナリオ担当者さんがラノベの作家さんでもあるので、武将の名を冠する個性的なキャラクターが非常に活き活きと個性的に描かれています。
今川先生はスカート丈のチェックのしかたが明らかにセクハラだったり、ものすごい傲慢な態度が目立ったりして、これが教師でいいのかよ…と突っ込まずにはいられませんでしたが。
女性なのに名前はそのまんま武将なのには若干違和感ありますが、明智光秀がまさかの女性教師で、今後信長とどうなるのか気になりました。
歴史上の武将を知っているからこそ今後がキニナル…という楽しみもあるかと思います。
主人公の女子高生秀吉の友達?協力者?なハンベエが携帯電話でのやりとりのみの登場だったので性別含めてどんな人なのか楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

トリッキーズ 1

TRICKYS 1 (ジュディーコミックス クリエ) Book TRICKYS 1 (ジュディーコミックス クリエ)

著者:新井 サチ
販売元:小学館クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この作品がまさか復刊されるとは思っていなかったので嬉しかったです(´∀`)
このマンガ、私個人的には良くまとまっていてかなり名作だと思っているので、スクエニから発行された単行本が今でも本棚にある程です。
当時は全4巻でしたが、復刻版は2巻に分けての発行なので1冊あたりがかなりブ厚く、読み応えがあります。
描きおろしはカバーとあとがき程度で、本文は当時のままで手を加えてないそうです。

都会のなんでも屋さんな3人が実は元暗殺組織の一員だったという設定がとてもツボ。
特に一成は普段気のいいおにーさんって感じなのに、いざという時のアクションのキレの良さがカッコいい。

何気なく作者さんの事をネット検索してみたら今はBLマンガ描きに転進されてたのには驚きましたよ。また一般向けの作品も描いてほしいものです。
あとせっかくの復刊なんで口絵だけじゃなくてマンガのカラー部分も載せてほしかったなぁと思いました。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

戦国戯画

戦国戯画〜戦国武将4コマ&ショートアンソロジー 戦国戯画〜戦国武将4コマ&ショートアンソロジー

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

たまたま本屋さんで見かけたのですが、以前学研から発行された「戦国“漢”絵巻」でイラストを描かれていた方々が今度は漫画を描かれていたので買ってみました。
しかし表紙の二人はバサラっぽすぎるのでもうちょっとアレンジしてほしかったかな…。

今年は幕末ブームな予感ですけど、戦国ブームが続いて色んな本がでるといいなあ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

ファンシーGUYきゃとらん 2(完)

ファンシーGUYきゃとらん 2 (アフタヌーンKC) Book ファンシーGUYきゃとらん 2 (アフタヌーンKC)

著者:くぼた まこと
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最終回はとてもシリアスな展開だったので驚きましたが、感動的で良かったです。
この最終回を読んできゃとらんの印象がガラリと変わりましたよ。

あと好きなのはその22-1でイッヒーとヒヒーが繰り広げる修羅場の側で空気と化しているはぜぴー。かわいいな。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧